Logic Pro X: Smart Controlのインターフェイス

Smart Controlのインターフェイス

Smart Controlを使用すると、ミキサーや個々のプラグインウインドウを開かなくても、選択したトラックの重要なパラメータをすばやく表示したり調整したりできます。Smart Controlにはそれぞれスクリーンコントロールが表示されます。1つのスクリーンコントロールを調整することで、トラックの1つ以上のチャンネルストリップまたはプラグインパラメータを変更できます。

図。スクリーンコントロールとインスペクタが表示されている「Smart Control」パネル。
  • Smart Controlインスペクタ: 別のレイアウトを選択したり、既存のマッピングを表示したり、スクリーンコントロールをパラメータにマップしたり、ハードウェアコントローラをスクリーンコントロールに割り当てたりできます。

  • スクリーンコントロール: トラックのサウンドのさまざまな側面を変更するための視覚的コントロールです。Smart Controlごとに、トラックや音源のタイプに合わせて最適化されたスクリーンコントロールのセットが用意されています。スクリーンコントロールには、機能を分かりやすくするためのラベルが表示されます。

「Smart Control」パネルを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「Smart Control」ボタン をクリックします。

  • 「表示」>「Smart Controlを表示」と選択します。

Smart Controlを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「Smart Controlを開く」と選択します。

Smart Controlの操作について詳しくは、Smart Controlの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?