Logic Pro X: 「ライブラリ」のインターフェイス

「ライブラリ」のインターフェイス

「ライブラリ」では、現在選択しているトラックで使用可能なパッチを表示したり、新しいパッチを選択したりできます。左側にはカテゴリが表示され、右側には選択しているカテゴリ用のパッチが表示されます。パッチを検索、作成、保存、削除したり、ルーティングオプションを選択したりできます。

Drummerトラックが選択されているときは、「ライブラリ」でドラムのジャンルとドラマーを選択できます。選択内容はDrummerトラックのすべてのリージョンに適用されます。Drummerエディタの左側では、選択したドラマーのプリセット設定を選択できます。

図。ライブラリ。
  • トラックアイコン: 「ライブラリ」の上部には、選択したトラックのアイコンが表示されます。

  • 検索フィールド: パッチを名前ですばやく検索できます。

  • カテゴリ・リストとパッチリスト: 左側でカテゴリを選択してから、右側でパッチを選択します。

  • 「オプション」ポップアップメニュー: デフォルトのパッチを定義したり、パッチを結合したりします。

  • 「元に戻す」ボタン: パッチに加えた変更を消去して、保存されている設定に戻します。

  • 「削除」ボタン: 保存したパッチを削除します。

  • 「保存」ボタン: パッチとその現在の設定を新規カスタムパッチとして保存します。

また、「ライブラリ」では、以下のファイルタイプにアクセスすることもできます(対応する項目を選択した場合):

  • チャンネルストリップ設定(.cst)

  • プラグインプリセット(.pst)

  • EXSインストゥルメント(.exs)

  • エンバイロメントの音源、およびAudio MIDI設定ユーティリティで作成されたMIDI音源のプログラムまたはバンク

  • Rewire MIDI音源および現在有効なRewireホスト

ライブラリを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • コントロールバーの「ライブラリ」ボタン をクリックします。

  • 「表示」>「ライブラリを表示」と選択します。

ライブラリの使いかたについて詳しくは、パッチの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?