Logic Pro X: トラック領域のインターフェイス

トラック領域のインターフェイス

トラック領域は「Logic Pro」の主な作業スペースで、オーディオリージョンやMIDIリージョンを録音/アレンジしてプロジェクトを作成する場所です。トラック領域の主な要素は以下の通りです:

図。トラック領域。
  • トラック領域のメニューバー: トラック領域のローカルメニューとツールメニュー、トラックオートメーションとFlex編集を表示するためのコントロール、「再生ヘッドキャッチ」ボタン、「スナップ」ポップアップメニューと「ドラッグ」ポップアップメニュー、「波形の拡大/縮小」ボタン、およびスクロールとズームのスライダが表示されます。

  • ルーラ: 小節と拍、または時、分、および秒単位でディビジョンが表示されます。トラック領域内の項目をそろえたり、プロジェクトセクションをマークしたりなど、再生/録音作業のためにさまざまな使いかたを提供します。

  • トラックヘッダ: 各トラックには、トラック名とアイコンが表示されるヘッダがあり、トラックをミュートまたはソロにしたり、トラックを録音できる状態にしたりするためのコントロールを備えています。

  • ワークスペース: すべてのオーディオリージョンとMIDIリージョンは、トラックと呼ばれる横長の帯状の領域に表示され、時間位置に合わせてグリッド状に並べられます。ワークスペースは、オーディオリージョンやMIDIリージョンを録音/アレンジするための主要領域です。

  • 再生ヘッド: トラック領域の上から下まで延びる細い縦線で、プロジェクトで現在再生している部分、または再生が始まる位置を示します。再生ヘッドを使用することで、リージョンなどの項目の位置をそろえやすくなります。また、再生ヘッドを使ってリージョン分割などの編集作業を行うこともできます。

トラック領域での作業については、トラック領域の概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?