Logic Pro X: 「Logic Pro」のメインウインドウのインターフェイス

「Logic Pro」のメインウインドウのインターフェイス

プロジェクトの作成と再生は、メインウインドウで行います。メインウインドウは、録音、アレンジ、ミックスなどプロジェクトのさまざまな側面を集中的に操作できるいくつかの領域に分かれています。コントロールバーのボタンでは、Appの個々の領域を表示したり隠したりできます。

図。Logic Proのメインウインドウ。
図。コントロールバーのボタン。

「Logic Pro」ウインドウの主な領域は以下の通りです:

  • トラック領域: オーディオリージョンやMIDIリージョンを録音したり、Apple Loopsなどのメディアファイルを追加したり、リージョンをアレンジしたりしてプロジェクトを作成する場所です。

  • コントロールバー: プロジェクトの再生を制御するためのトランスポートコントロール、「Logic Pro」の各領域を表示したり隠したりするボタン、よく使用するその他のコマンドのボタンがあります。コントロールバーは作業方法に合わせてカスタマイズできます。

  • ツールバー: 「Logic Pro」のトラック領域やその他の領域のさまざまなボタンとコントロールが表示されます。ツールバーを表示したり隠したりすることで、表示される画面領域を最適化できます。

  • インスペクタ: 選択したリージョン、トラック、その他の項目のパラメータが表示されます。表示されるパラメータは、作業している領域、選択している項目のタイプによって変わります。

  • Smart Control: 現在のパッチのサウンドをすばやく変更するために使用できる、視覚的なコントロールだけを集めたものです。個別のチャンネルストリップやプラグイン設定の代わりに使用できます。

  • ミキサー: プロジェクト内の各トラックのチャンネルストリップと、オグジュアリー、出力、およびマスター・チャンネル・ストリップが表示されます。チャンネル・ストリップ・コントロールを表示/編集したり、ルーティングオプションをカスタマイズしたり、プラグインを追加/編集したりできます。

  • エディタ: 「Logic Pro」は、オーディオ・トラック・エディタ、ピアノ・ロール・エディタ、スコアエディタ、ステップエディタ、オーディオ・ファイル・エディタなどの一連のエディタを備えています。これらを使って、個々のリージョンやその内容に高い精度で変更を加えることができます。

  • リストエディタ: MIDIイベント、マーカー、テンポ、拍子イベントを数値的に表示/編集できる領域です。

  • ノートパッド: プロジェクトおよびトラックノートを作成、表示、および編集できるテキスト領域です。

  • ループブラウザ: 付属のApple Loopsライブラリにアクセスできます。ループを検索してプレビューし、プロジェクトに追加することができます。

  • ブラウザ: プロジェクト・オーディオ・ブラウザでプロジェクト内のオーディオファイルを表示したり、メディアブラウザからオーディオファイルやムービーファイルを追加したり、「すべてのファイル」ブラウザでコンピュータや接続されているストレージデバイスをブラウズしたりできます。

領域は、メインウインドウの一部として表示したり隠したりできます。移動可能な独立ウインドウとして開ける場合もあります。複数のメインウインドウを開いて、それぞれで別々の設定を行うこともできます。

「Logic Pro」のメインウインドウを開く

  • 「ウインドウ」>「メインウインドウを開く」と選択します(またはCommand+1キーを押します)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?