Logic Pro X: 「Logic Pro」のワークフローの概要

「Logic Pro」のワークフローの概要

何ができるかを示すために、Logic Proプロジェクトを作成していく主要手順について説明します。すべての手順を実行する必要はなく、一部の手順の順序を入れ替えてもかまいません。たとえば、ひと通りミキシングしたりエフェクトを追加したりした後に、追加録音やメディアファイルをプロジェクトに追加してから、ミックスを仕上げたり完成したプロジェクトを共有したりできます。

プロジェクトを作成する

「Logic Pro」での作業は新規プロジェクトの作成から始まります。音楽素材や、それらに加える変更をすべてプロジェクトに保存していきます。トラックを追加して、独自の録音や、プロジェクトに追加したいメディアファイルを収録できます。メディアファイルやその他の素材は、プロジェクトに保存することも、現在の場所に置いたままプロジェクトから参照することもできます。

素材を録音する

トラック領域で演奏を録音して音楽素材を追加していきます。オーディオトラックには、ボーカルや楽器などのサウンドを録音できます。USBキーボードやその他のMIDIコントローラを使って、ソフトウェア音源トラックでさまざまなソフトウェア音源を再生したり録音したりできます。MIDIリージョンを録音して、シンセサイザーやサウンドモジュールなどの外部のMIDIデバイスで再生することもできます。

Apple Loopsやその他のメディアファイルを追加する

「Logic Pro」に付属する大規模なコレクションから Apple Loopsを追加できます。Apple Loopsは、繰り返しパターンを作成するために最適化された録音済みのオーディオファイルおよびMIDIファイルです。これらを延長して任意の長さの時間を埋めることができます。オーディオファイルムービー、その他あらかじめ録音されたメディアファイルをプロジェクトに追加することもできます。

アレンジメントを作成する

トラック領域で録音やその他のメディアを操作してアレンジメントを作成します。録音やループなどのメディアファイルは、トラック領域ではリージョンとして表示され、それらをコピーしたり、移動したり、サイズ変更したり、ループしたりなどの編集を加えることができます。アレンジメントマーカーを使ってプロジェクト内にセクションを定義したり、セクション全体をすばやく並べ替えたりすることもできます。

リージョンを編集する

「Logic Pro」には、オーディオリージョンとMIDIリージョンの両方をさまざまな方法で編集するために使用できる、一連のエディタが用意されています。オーディオリージョンの場合は、Flex Timeを使って個々のノートやその他のイベントのタイミングを高い精度で編集したり、Flex Pitchを使ってノートのピッチを調整したりすることもできます。DrummerエディタではDrummerリージョンを編集できます。

エフェクトをミックスする/追加する

プロジェクトの形ができたら、プロジェクトをミックスして個々のパートのバランスをとりながら、全体をうまくまとめていきます。ミキサーでは、トラックの音量レベルやパン(バランス)位置を調整したり、ルーティングやグループ化によってシグナルフローを制御したりできます。「Logic Pro」は、特定のソング要素を強めたり、洗練された最終ミックスを作成したりできる、プロ品質のエフェクトプラグインを備えています。オートメーションを使用して、ミックス、エフェクト、その他のパラメータを時間の経過に合わせて変化させることもできます。

グローバルな変更を加える

「アレンジメント」、「マーカー」、「キー/拍子」、「テンポ」、「トランスポーズ」などのグローバルトラックを使って、プロジェクトのさまざまな側面を操作できます。ムービープロジェクトの場合は、ムービートラックにアクセスしてビデオフレームを表示したり音楽イベントと同期させたりすることもできます。

プロジェクトを共有する

プロジェクトを共有する準備ができたら、完成したミックスのステレオファイルをいくつかの標準オーディオ・ファイル・フォーマットのいずれかに書き出すことができます。また、標準のサラウンドエンコーディング方式でフォーマットされたステムファイルを複数作成することもできます。プロジェクトをiTunesで共有したり、AirDropMailDropを使ってほかのデバイスと共有したり、CDやDVDに書き込むこともできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?