Logic Pro X: 「Logic Pro」とは

「Logic Pro」とは
図。Logic Proのメインウインドウ。

「Logic Pro」は、強力な機能を満載した音楽Appです。プロフェッショナル品質の音楽制作に必要なツールがすべて装備されています。オーディオリージョンやMIDIリージョンを録音/アレンジ/編集し、高品質なエフェクトを追加し、音楽をステレオやサラウンドでミックスしてから、完成したミックスをさまざまなフォーマットに書き出して配布することができます。

「Logic Pro」を使えば、簡単な曲から複雑なアンサンブルのアレンジメントまで、さまざまな種類のプロジェクトを作成できます。自分の作業スタイルに合わせてAppを柔軟にカスタマイズできます。

「Logic Pro」では以下のことができます:

  • 楽器、ボーカルや、マイクで取り込むことができるサウンドを録音する。テイクやコンプの録音も含まれます。

  • USBキーボードやその他のMIDIコントローラを使って、付属の Logic Pro ソフトウェア音源を再生/録音する。他社製のAudio Unitsソフトウェア音源を再生/録音することもできます。

  • プロジェクトに仮想ドラマーを追加して、ジャンル、プロジェクトの内容、その他のパラメータに基づいて動的に調整される、細部まで表現したリアルな仮想ドラム演奏を作成する。

  • Apple Loopsや、あらかじめ録音されたその他のメディアファイルをプロジェクトに追加する。

  • 音楽素材を含むリージョンをトラック領域でアレンジする。アレンジメントマーカーを使ってプロジェクトの各セクションを定義したり、すばやく並べ替えたりすることもできます。

  • 各種の作業やリージョンに適した一連のエディタを使って、オーディオリージョンやMIDIリージョンを編集する。

  • オーディオリージョンや個々のノート、コード、サウンドのタイミングとピッチを編集する。

  • ミキサーでプロジェクトをミックスする。ミキサーでは、チャンネル・ストリップ・コントロールを表示/編集したり、ルーティングオプションをカスタマイズしたり、プラグインを追加/編集したりできます。

  • 指定した操作を完全に再現するミックスオートメーションを使って、ミックス、エフェクト、およびプラグイン設定を時間の経過に合わせて自動的に変化させる。オートメーションの変化をリアルタイムで記録して、それらを後で編集できます。

  • テンポトランスポーズ拍子とキーなどのグローバル設定を制御して全体的なプロジェクトを形作る。マーカーを使ってプロジェクト内にセクションを定義し、さまざまなセクションにすばやく移動する。

  • プロジェクト内のMIDIリージョンを楽譜として表示したり、音符やその他の楽譜記号を追加/編集したり、完成したスコアや個々のパートをプリントしたりする。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?