Logic Pro X: サラウンド・バウンス・ファイルのエンコーダ

サラウンド・バウンス・ファイルのエンコーダ

サラウンドバウンスはエンコードされていません。サラウンド・バウンス・ファイルはCompressor App(Mac App Storeから購入可能)またはその他のソフトウェアか専用ハードウェアデバイスでエンコードできます。

一般的なサラウンド・エンコード・フォーマットには以下のものがあります:

  • Dolby Digital: Dolby Digital(AC3とも呼ばれます)にはLFEチャンネルがあります。これは圧縮されたフォーマットで、DVD、地上デジタルテレビ放送または衛星デジタルテレビ放送で一般的に使用されます。コンピュータ・ゲーム・サウンドトラックにも幅広く使用されます。

  • Dolby Digital True HD: 圧縮(または最小限に圧縮)された高ビットレートのフォーマットで、Blu-rayディスクや、ハイビジョンの地上デジタルテレビ放送または衛星デジタルテレビ放送で一般的に使用されます。

  • SACD(Super Audio Compact Disc): SonyとPhilipsが共同開発したDVD-Aの一種です。SACDオーディオは、Direct Stream Digitalと呼ばれるフォーマット(サンプリングレート2.8224 MHz)で保存されます。SACDディスクにはステレオミックスを収録する必要がありますが、通常は5.1ミックスも収録できます(オプション機能)。

  • Pro Logic II: Pro Logic IIでは、初期のPro Logic(LCRS)フォーマットと異なり、2つのフルレンジ・リア・チャンネルが使用されます。ただし、LFEチャンネルは使用されません。つまり、5.0フォーマットなので、Pro Logic IIサウンドトラックを配信するために必要な操作は、LFEチャンネルを無効にするだけです。

  • DTS(Digital Theater Systems): サウンドトラックのサウンドはDolby Digital EXのサウンドよりも高品質です。これは、Dolbyが使用する圧縮比は3:1ですが、サウンドトラックが使用する圧縮比は12:1であるためです。圧縮率が低いほど、配信メディア上に必要な保存領域が増えます。

  • DTS HD Master Audio: 圧縮(または最小限に圧縮)された高ビットレートのフォーマットで、Blu-rayディスクや、ハイビジョンの地上デジタルテレビ放送または衛星デジタルテレビ放送で一般的に使用されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?