Logic Pro X: サラウンドフォーマットのチャンネル割り当て

サラウンドフォーマットのチャンネル割り当て

サポートされる各サラウンドフォーマットで使用されるチャンネルを次の表に示します。

サラウンドフォーマット

使用されるチャンネル

Quadraphonic

L - R - Ls - Rs

LCRS(Pro Logic)

L - C - R - S

5.1(ITU 775)

L - C - R - Ls - Rs - LFE

6.1(ES/EX)

L - C - R - Ls - S - Rs - LFE

7.1(3/4.1)

L - C - R - Lm - Rm - Ls - Rs - LFE

7.1(SDDS)

L - Lc - C - Rc - R - Ls - Rs - LFE

表の略号

  • L=(フロント)左

  • Lc=左センター

  • C=センター

  • Rc=右センター

  • R=(フロント)右

  • Lm=左ミドル

  • Rm=右ミドル

  • Ls=左サラウンド(リア左)

  • S=サラウンド(リア中央)

  • Rs=右サラウンド(リア右)

  • LFE=低周波数エフェクト

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?