Logic Pro X: サラウンドフォーマットの概要

サラウンドフォーマットの概要

以下のサラウンドフォーマットがサポートされます:

Quadraphonicサラウンドフォーマット

Quadraphonicサラウンドフォーマットは、フロント左右およびリア左右(左サラウンドと右サラウンド)として配置される、4つの全帯域チャンネルで構成されます。古くから音楽配信に使用されているフォーマットです。このフォーマットでリリースされた最も有名な曲といえば、マイク・オールドフィールドの「チューブラー・ベルズ(Tubular Bells)」でしょう。

図。Quadraphonicサラウンドフォーマットの図

LCRSサラウンドフォーマット

LCRSとは、左(L)、センター(C)、右(R)、サラウンドチャンネル(S)の頭文字を合わせたものです。これはDolby Pro Logicフォーマットを基にしています。サラウンドチャンネル(リスナーの真後ろに配置)は、帯域を制限(高域をカット)したモノフォニックチャンネルです。

図。LCRSサラウンドフォーマットの図

5.1(ITU 775)サラウンドフォーマット

5.1(ITU 775)はいくつかのサラウンド標準規格で使用されています。5.1は最も一般的なサラウンドフォーマットで、おそらく使用する機会も最も多いでしょう。5.1チャンネルは、左、センター、右、左サラウンド(リア左)、右サラウンド(リア右)、LFEで構成されます。

図。5.1サラウンドフォーマットの図。

6.1(ES/EX)サラウンドフォーマット

6.1(ES/EX)フォーマットはDolby Digital EXまたはDTS ESで使用されます。6.1チャンネルは、左、センター、右、左サラウンド、サラウンド(リアセンター)、右サラウンド、LFEで構成されます。

図。6.1サラウンドフォーマットの図。

7.1(3/4.1)サラウンドフォーマット

7.1(3/4.1)は、5.1のスピーカー構成に2つのサイドチャンネル(左ミドルと右ミドル)をリスニング位置のすぐ左と右に追加したものです。このフォーマットは大型のシアター用に開発されたものです。

図。7.1サラウンドフォーマットの図。

7.1(SDDSーSony Dynamic Digital Sound)サラウンドフォーマット

7.1(SDDSーSony Dynamic Digital Sound)は、5.1に2つのスピーカー(左センターと右センター)を追加したものです。ほかの7.1フォーマット同様、このフォーマットも大型シアター向けに開発されたもので、Sonyのデコード/再生ハードウェアを使用します。

図。7.1(SDDS)サラウンドフォーマットの図
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?