Logic Pro X: サラウンド・オーディオ・ファイルをバウンスする

サラウンド・オーディオ・ファイルをバウンスする

サラウンドミックスをバウンスして、インターリーブフォーマットの単一のファイルを作成できます。また、ファイルタイプとして「分割」を選択することで、複数のオーディオファイル(1チャンネルにつき1ファイル)を作成することもできます。

複数のファイルを作成した場合は、各ファイルに個別の拡張子が付きます。

注記:サラウンドバウンスによってファイルに追加されるファイル名拡張子を定義するときは、環境設定の「バウンス拡張設定」パネルを使用します。詳しくは、サラウンド設定の概要を参照してください。

サラウンドをCDDA(CD Digital Audio)にバウンスする

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「バウンス」>「プロジェクトまたは選択範囲」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    • 任意の出力チャンネルストリップ(またはサラウンドマスターチャンネル)の右下隅にあるバウンスボタンをクリックします。

      どの出力チャンネルストリップのバウンスボタンをクリックしても、サラウンド設定で選択したすべての出力が同時にバウンスされます。

  2. 「バウンス」ウインドウの「ディザリング」ポップアップメニューの下にある「サラウンドバウンス」チェックボックスを選択します。

  3. 必要に応じてその他のバウンス設定を選択します。

  4. 「バウンス」ボタンをクリックします。

注記:バウンスコマンドでは、圧縮フォーマット(AAC、MP3)のサラウンドファイルは作成できません。圧縮フォーマットのチェックボックスをクリックすると、圧縮サラウンド(またはスプリットステレオ)のバウンスはできないことを知らせるダイアログが表示されます。

サラウンドをDVD-Aにバウンスする

Logic Proでは、現在のプロジェクトのサラウンドミックスをDVD-A(DVD-Audio)ディスクに書き込むことができます。

  • 最大チャンネル数6(5.1)、24ビット、サンプルレート48 kHz

  • 24ビット、サンプルレート192 kHzのHD(High Definition)ステレオ

  1. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ファイル」>「バウンス」>「プロジェクトまたは選択範囲」と選択します(または対応するキーコマンドを使います)。

    • 任意の出力チャンネルストリップ(またはサラウンドマスターチャンネル)の右下隅にあるバウンスボタンをクリックします。

      どの出力チャンネルストリップのバウンスボタンをクリックしても、サラウンド設定で選択したすべての出力が同時にバウンスされます。

  2. 「用途」パネルで「CD / DVDに書き込む」チェックボックスを選択します。

    設定変更が必要になることを知らせるダイアログが表示されます。「続ける」をクリックします。

  3. 「モード」ポップアップメニューから「DVD-A」を選択します。

  4. 必要に応じてその他のバウンス設定を選択します。

  5. 「バウンスして作成」ボタンをクリックします。

バウンスについて詳しくは、プロジェクトをオーディオファイルにバウンスするを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?