Logic Pro X: マルチチャンネルエフェクトの概要

マルチチャンネルエフェクトの概要

実際にはサラウンドに対応していないエフェクトも、マルチチャンネルのエフェクトとしてサラウンドチャンネルに挿入できます。つまり、チャンネルのサラウンドフォーマットで必要な数だけ、プラグインのステレオおよびモノラルインスタンスが「Logic Pro」によって自動的に提供されます。

マルチチャンネルのエフェクトプラグインでは、拡張プラグインヘッダが表示されます。

図。マルチチャンネル・エフェクト・プラグインの拡張プラグインヘッダ

このプラグインヘッダには、各エフェクトインスタンスのタブ、「LFE」タブ、「Configuration」タブが表示されます。詳しくは、マルチチャンネルエフェクトの「Configuration」タブを参照してください。

エフェクトタブのラベルを見れば、エフェクトインスタンスがステレオとモノラルのどちらで読み込まれているかが分かります。「–」で結ばれたチャンネルはステレオインスタンスとして読み込まれています。「|」で区切られているチャンネルはモノラルです。

  • L-R|Ls-Rs|C: 左右のステレオ、左右のサラウンドステレオ、センターのモノラルを示します。

  • L-R|Rs|C(左サラウンドのタブが別途表示): 左右のステレオ、右のサラウンドモノラル、センターのモノラルを示します。

  • LR、C、Ls-Rs(3つのタブが表示): 左右のステレオ、センターのモノラル、左右のサラウンドステレオを示します。

各エフェクトタブは、各チャンネル(またはチャンネルペア)に対応する独立したエフェクトユニットに該当します。タブごとに異なるパラメータ設定が含まれます。

「LR」タブ、「C」タブ、「Ls-Rs」タブ、「LFE」タブをそれぞれクリックして、プラグインのパラメータを変更します。各タブのパラメータ値は、プラグイン設定の保存時に記憶されます。

サイドチェーンとサラウンドエフェクト

サイドチェーンに対応したプラグインを挿入する場合は、サイドチェーンのソース(プラグインのヘッダで選択)がすべてのサラウンドインスタンスにルーティングされます。

グループ化されたプラグインインスタンスの検出回路はリンクされており、1つのユニットとして反応します。このため、空間的なサラウンドイメージが歪んだり変形したりすることはありません。

注記:これは、サイドチェーンの入力が選択されていない場合も同様です。この場合は、グループの個々の入力を合わせたものが、リンクされた検出回路に送られ、これがサイドチェーンのソースの役割を果たします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?