Logic Pro X: チャンネルストリップの出力フォーマットを設定する

チャンネルストリップの出力フォーマットを設定する

チャンネルストリップの出力フォーマットは、チャンネルストリップのタイプに応じて自動的に設定されます。自動設定を使わずに、手動で出力を設定することもできます。自動設定では、以下の規則でチャンネルストリップの出力フォーマットが決まります:

  • オーディオ・チャンネル・ストリップ: 空のオーディオトラックのチャンネルストリップは、最初にチャンネルストリップに追加したオーディオファイルのフォーマットに自動的に設定されます。トラックに割り当てられた出力フォーマットと異なるフォーマットのオーディオファイルを追加した場合(たとえばサラウンド出力にルーティングされたトラックにステレオファイルを追加した場合など)は、チャンネルストリップの出力フォーマットに合わせてオーディオファイルが自動的にアップミックスまたはダウンミックスされます。

    注記:ここで設定できるサラウンドフォーマットの上限は、プロジェクトのサラウンドフォーマットによって決まります。プロジェクトのサラウンドフォーマットを設定するを参照してください。

  • 音源チャンネルストリップ: 音源チャンネルストリップのフォーマットは、挿入した音源のチャンネルフォーマットに自動的に設定されます。

    • ステレオ音源を挿入すると、チャンネルストリップの出力もステレオになります。

    • ソフトウェア音源のサラウンドインスタンス(ES2やSculptureなど)を挿入すると、チャンネルストリップの出力はプロジェクトのサラウンドフォーマットに合わせて設定されます。

  • Auxチャンネルストリップ: 自動的に作成されたAuxチャンネルストリップは、それぞれの入力ソースのフォーマットに自動的に設定されます(ステレオチャンネルをAuxチャンネルストリップにルーティングした場合は、Auxもステレオになります)。Auxチャンネルストリップの出力フォーマットを手動で変更した場合は、次の処理が自動的に行われます:

    • Auxの出力をモノラルからステレオに変更した場合はSurround Balancer、モノラル/ステレオからサラウンドに変更した場合はモノラル/ステレオ->サラウンドのSurround Pannerが挿入されます。Surround Pannerの概要を参照してください。

    • 信号が適切なフォーマットにダウンミックスされます。

自動設定を使いたくない場合は、すべてのオーディオ、音源、Aux、および出力チャンネルストリップの出力を、選択したプロジェクト・サラウンド・フォーマットに手動で設定できます。

チャンネルストリップの出力フォーマットをサラウンドに設定する

  • チャンネルストリップの出力スロットをクリックしたまま、ポップアップメニューから「出力」>「サラウンド」と選択します。

    図。チャンネルストリップの「出力」ポップアップメニューから「サラウンド」を選択する

    チャンネルストリップのパンコントロールが、2次元のサラウンドコントロールに変わります。スピーカーの位置はカラーのドットで表示されます。パン位置は白のドットで表示され、このドットを移動できます。詳しくは、Surround Pannerの概要を参照してください。

    図。チャンネルストリップのサラウンドコントロール

複数のチャンネルストリップの出力フォーマットをサラウンドに設定する

  1. サラウンド出力に設定したいチャンネルストリップをすべて選択します。

  2. 選択したチャンネルストリップのいずれかの出力スロットをクリックしたまま、ポップアップメニューから「出力」>「サラウンド」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?