Logic Pro X: チャンネルストリップの入力フォーマットを設定する

チャンネルストリップの入力フォーマットを設定する

チャンネルのステータス(モノラル、ステレオ、サラウンド)は、チャンネルストリップの入力フォーマットによって決まります。

次のように、現在のステータスがボタンの記号によって示されます:

図。チャンネルストリップのモノラル、ステレオ、左、右、サラウンド入力フォーマットボタン
  • モノラル: 1つの円はモノラル入力フォーマットを表します。レベルメーターの表示は1列です。

  • ステレオ: 2つの交差した円はステレオ入力フォーマットを表します。ステレオ入力フォーマットが選択されている場合、レベルメーターは2列で表示されます。

  • 左: 2つの円で左側が塗りつぶされている場合は、左チャンネルの入力フォーマットを示します。ステレオ・オーディオ・ファイルの左チャンネルのみが再生されます。レベルメーターの表示は1列です。

  • 右: 2つの円で右側が塗りつぶされている場合は、右チャンネルの入力フォーマットを示します。ステレオ・オーディオ・ファイルの右チャンネルのみが再生されます。レベルメーターの表示は1列です。

  • サラウンド: 5つの円はサラウンドチャンネル入力フォーマットを示します。サラウンド入力フォーマットが選択されている場合、レベルメーターは複数の列で表示されます(列の数はプロジェクトのサラウンドフォーマットに対応します)。

チャンネルストリップの入力フォーマットを選択する

  • チャンネルストリップのEQグラフィックスの下にあるボタンをクリックしたまま、表示されるポップアップメニューから入力フォーマットを選択します。

    図。チャンネルストリップの入力フォーマットポップアップメニュー
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?