Logic Pro X: サラウンド設定の概要

サラウンド設定の概要

サラウンドプロジェクトを作成するには、まず、オーディオインターフェイスのどの出力をどのスピーカーに接続するかを指定する必要があります。サラウンドで録音する場合は、オーディオインターフェイスの入力も指定する必要があります。

これらの設定は、「オーディオ」>「I/O割り当て」環境設定の「出力」および「入力」パネルで行います。「I/O割り当て」パネルには、「出力」、「バウンス拡張設定」、「入力」という3つのパネルがあります。これら3つのパネルは互いに連動していますが、個別に設定することができます。

注記:よほど特殊な用途でない限り、どのサラウンドフォーマットもデフォルト設定のままで問題ありません。

「I/O割り当て」環境設定を開く

  • 「Logic Pro」>「環境設定」>「オーディオ」と選択してから、「I/O割り当て」をクリックします(または、「サラウンド環境設定を開く」キーコマンドを使います)。

    図。「オーディオ」環境設定の「I/O割り当て」パネル

出力/入力サラウンドチャンネルの割り当てを設定する

  1. 「出力」または「入力」のいずれかをクリックします。

  2. 「表示」ポップアップメニューで、使用したいサラウンドフォーマットを選択します。

    図。「サラウンド」環境設定

この操作により、「出力」パネルと「入力」パネルにある出力/入力チャンネルの各ポップアップメニューが自動的に設定されます。

注記:「I/O割り当て」パネルで選択するサラウンドフォーマットが適用されるのは、チャンネルのレイアウトとスピーカーへのルーティングのみです。プロジェクトで実際に使用するサラウンドフォーマットは、プロジェクト設定で指定します。プロジェクトのサラウンドフォーマットを設定するを参照してください。

出力の送信先スピーカーを選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「出力」パネルで、選択可能なポップアップメニューからそれぞれオーディオインターフェイスの出力(「左」、「センター」、「右」など)を選択します。

    図。サラウンド環境設定の出力ポップアップメニュー

    サラウンド再生に対応していないコンピュータでサラウンドプロジェクトを作成したい場合は、ハードウェアに存在しない出力を選択します。これらの出力は「(出力17)」や「(出力32)」のようにかっこ付きで表示されます。

  • 「出力」パネルで、「表示」ポップアップメニューの下の3つの「初期化」ボタンのいずれかをクリックします。

    図。サラウンド環境設定の「初期化」ボタン
    • デフォルト: Logic Proのデフォルト設定を使用します。たとえば5.1フォーマットの場合は、出力1がL、出力2がR、出力3がLs、出力4がRs、出力5がCの各スピーカー、そして出力6がLFEチャンネルにルーティングされます。

    • ITU: プロの制作現場で広く使用されているITU(International Telecommunications Union)標準規格の割り当てを使用します。

    • WG 4: DVD Forumが定めたDVD-AudioのWG4標準規格を使用します。

各サラウンドチャンネルに使用する入力を選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 選択可能なポップアップメニューからそれぞれオーディオインターフェイスの入力(「左」、「センター」、「右」など)を選択します。

    図。サラウンド環境設定の入力ポップアップメニュー
  • 「表示」ポップアップメニューの下の3つの「初期化」ボタンのいずれかをクリックします。

    図。サラウンド環境設定の「初期化」ボタン
    • デフォルト: デフォルト設定を使用します。たとえば5.1フォーマットの場合は、入力1がL、入力2がR、入力3がLs、入力4がRs、入力5がCの各スピーカー、そして入力6がLFEチャンネルにルーティングされます。

    • ITU: プロの制作現場で広く使用されているITU(International Telecommunications Union)標準規格の割り当てを使用します。

    • WG 4: DVD Forumが定めたDVD-AudioのWG4標準規格を使用します。

バウンスファイルの拡張子を変更する

  1. 「バウンス拡張設定」をクリックします。

    図。「バウンス拡張設定」パネル
  2. 選択可能なフィールドで新しい拡張子を入力します。

    たとえば、左の拡張子をデフォルトの「.L」から「.Left」に変更したり、左サラウンドの拡張子をデフォルトの「.Ls」から「.LSurr」に変更したりできます。拡張子の前には必ずピリオド「.」を付けてください。

変更を取り消したい場合は、「拡張をリセット」ボタンをクリックするとデフォルト設定に戻ります。

注記:拡張子を変更してもファイル自体には影響はありません。拡張子は単にファイルを識別しやすくするためのものです。デフォルト設定でも十分に識別できる場合は特に変更する必要はありません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?