Logic Pro X: サラウンド機能の概要

サラウンド機能の概要

「Logic Pro」にはサラウンドの処理およびミキシングに関する豊富な機能が用意されており、主要なサラウンドフォーマットもすべてサポートされています。

サラウンド機能は、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されているときに使用できます。

あらゆるオーディオ信号を位置的にミキシングして、サラウンド空間の任意の場所に配置できます。Surround Pannerの概要およびサラウンド・マスター・チャンネル・ストリップを参照してください。

オーディオチャンネルストリップおよび音源チャンネルストリップにサラウンドプラグインを挿入し、これをサラウンドのAUXまたは出力にルーティングできます。サラウンドおよびマルチチャンネルに対応した数多くのエフェクトと音源が用意されています。サラウンドエフェクトおよびマルチチャンネルエフェクトを参照してください。

サラウンドプロジェクトを作成すると、マルチチャンネルで入力されたオーディオがインターリーブフォーマットのマルチチャンネルファイルとして記録されます。スプリットフォーマットのマルチチャンネルファイルを読み込んだ場合は、自動的にインターリーブフォーマットに変換されます。

フォーマットの一致しない信号のアップミックスやダウンミックス(たとえばモノをマルチモノへ、またはステレオをサラウンドへ)も可能なため、サラウンドプロジェクトではどのようなオーディオ素材でも使用できます。ほとんどの場合、アップミックスやダウンミックスは自動的に実行されますが、必要に応じて手動でも実行できます。Down Mixerプラグインを参照してください。

マルチチャンネルのプロジェクトは、スプリットフォーマットとインターリーブフォーマットのどちらのサラウンドファイルとしてもバウンスできます。サラウンド・オーディオ・ファイルをバウンスするを参照してください。

「Logic Pro」では、サラウンドファイルのエンコードとデコードは行われません。Compressor App(Mac App Storeから購入可能)を使ってサウンドファイルをエンコードできます。

サラウンドを操作するには、選択したサラウンドフォーマットに必要な数の出力チャンネル(たとえば、5.1サラウンドフォーマットを使用する場合は6個の出力チャンネル)を持つオーディオインターフェイスが必要です。また、ミキシングの際に各チャンネルの音を聴くには、それと同じ数のスピーカー(および適切なチャンネル数のアンプ)も必要です。サラウンドフォーマットの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?