Logic Pro X: Mail Dropを使用してソングを共有する

Mail Dropを使用してソングを共有する

Mail Dropを使用すれば、だれにでもソングを「メール」ですばやく送信できます。

ソングを「メール」で共有する

  1. 「Logic Pro」で、「ファイル」>「共有」>「メール」と選択します。

  2. 「メール」ダイアログで、以下の操作を行います:

    • 受信者のMac上の「Logic Pro」で開いて編集できるプロジェクトを共有したい場合は、「プロジェクト」を選択します。

      プロジェクトパッケージを選択した場合は、プロジェクトのすべての素材が共有されます。

      プロジェクトフォルダを選択した場合は、プロジェクトファイルのみが共有され、素材は共有されません。

    • iTunesなどの.m4aファイルをサポートするアプリケーションで受信者が開いて再生できるオーディオファイルのミックスダウンを共有したい場合は、「曲」を選択します。

      以下の設定を編集できます:

      • 「タイトル」フィールドに新しい名前を入力する。

      • 「音質」ポップアップメニューからオーディオフォーマットを選択する。

      • プロジェクト全体をバウンスするか、サイクル領域または選択したリージョンに基づいてプロジェクトの一部をバウンスするかを選択する。

  3. 「共有」をクリックします。

メールアカウントが利用できる場合は、新しいメールが作成されます。プロジェクトまたはソングの添付ファイルは、サイズが添付ファイルの最大許容サイズを超えている場合でも送信されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?