Logic Pro X: 完成したスコアを共有する

完成したスコアを共有する

スコアが完成したら、スコアをプリントしたり、PDFファイルとして保存したり、カメラツールを使って画像として書き出したりできます。スコアの一部のみを書き出したい場合は、最後の方法が最も便利です。どの方法を選んでも、プリントされるスコアはスコアエディタのページビューでの表示と同じになりますが、以下の項目は画面には表示されてもプリントされません:

  • ページ余白およびヘッダ領域を示す破線と譜表間の境界を示す破線

  • ポインタと再生ヘッド

  • ページ余白の色と、選択したMIDIリージョンの譜線の色

  • 隠されている拍子の変更

  • 隠されている符頭(画面上では灰色に表示)およびそれらを結ぶタイ

  • 隠されている小節線(画面上では灰色の線で表示)

  • 隠されているN連符番号

ソフトウェア音源トラックの楽譜をプリントする

  1. ソフトウェア音源トラックのヘッダをクリックしてトラックを選択します。

  2. 「ファイル」>「プリント」と選択します(またはCommand+Pキーを押します)。

スコアをプリントする

  1. 「ファイル」>「ページ設定」と選択し、「ページ設定」ウインドウで、適切な用紙のサイズと規格を選択します。

  2. スコアエディタウインドウがアクティブになっていることを確認します。

  3. 「ファイル」>「プリント」と選択します(またはCommand+Pキーを押します)。

    プリントするページの番号や部数、PDFファイルに「プリント」(別名で保存)するかどうかなど、必要なオプションを選択できるダイアログが表示されます。(オプションはプリンタによって異なる場合があります。)

  4. 使用したいオプションを選択し、「プリント」ボタンをクリックします。

スコアを画像ファイルに書き出す

  1. 「Logic Pro」>「環境設定」>「スコア」と選択し、「スコア」パネルで以下のカメラツール設定のいずれかを選択します。

    • クリップボード: イメージがクリップボードにコピーされるため、ほかのAppに直接ペーストできます。ファイルに保存する必要はありません。

    • PDFファイル: スコアの画像をPDFファイルに書き出します。表示されるダイアログで、カメラツールを使ってスコアのスナップショットを撮る場合のファイル名とファイルの保存場所を指定できます。

    図。「スコア」環境設定パネルのカメラツール設定。
  2. スコアがページビューになっていることを確認してから、カメラツールを選択します。

  3. スコアの中で書き出す部分をドラッグします。選択範囲を指定する四角い枠が表示されます。

    マウスのボタンを放すと、選択した範囲がPDFファイルに書き出されます(選択したカメラツール設定によっては、選択範囲がクリップボードにコピーされます)。

記号やテキストの配置といった正確さを必要とするレイアウト作業では、表示を拡大して作業することをお勧めします。拡大/縮小ツールを使うと、通常の大きさの表示と拡大表示を簡単に切り替えることができます。また、Controlキーを押しながらドラッグして範囲指定すると、その部分が拡大表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?