Logic Pro X: 部分的に余白を調整する

部分的に余白を調整する

レイアウトツールを使って、譜表ごとに右側と左側の余白を調整し、横のページ余白をそろえないようにすることができます。部分的な余白も、現在のスコアセットの一部として保存されるため、スコアセットごとに異なる設定ができます。

譜表の左右の余白を移動する

  1. ページビューで、スコアエディタの「表示」>「ページの表示オプション」サブメニューから以下の設定を選択します:

    • 余白を表示

    • ページを見開きで表示

    • ページルーラを表示

  2. レイアウトツールで、譜表の左端または右端の少し内側をクリックしてホールドし、左または右にドラッグします。

    図。譜表の左の余白にあるレイアウトツール。

    この操作中に、ヘルプタグに「譜表の左余白」または「譜表の右余白」が表示されます。

注記:余白を変更すると、1段当たりの小節の数が自動的に調整されます(段折り返しを手動で調整済みの場合は除きます)。段が短くなった場合は、「スコア」プロジェクト設定の「グローバル」パネルにある間隔の各パラメータ設定に応じて、小節が次の段(下段)へ移動します。(スコアの「グローバル」設定を参照してください。)

編集した余白を元に戻して、ほかの譜表にそろえる

  • レイアウトツールで余白の右端または左端をダブルクリックします。

すべての段折り返しと編集した余白を現在のスコアセットから削除する

  • スコアエディタのメニューバーで、「レイアウト」>「段のレイアウトをリセット」と選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?