Logic Pro X: スコアレイアウトの概要

スコアレイアウトの概要

スコアに音符や記号を追加し、各譜表を編集したら、次のステップはスコア全体の見栄えを向上させることです。このステップでは、通常、譜表の位置を変更したり、段ごとに小節の数を変えたり、ページ余白を設定したり、その他の「スコア」プロジェクト設定を変更したりします。

スコアレイアウトを編集する場合は、ページビューで作業することをお勧めします。スコアエディタウインドウのサイズと拡大/縮小レベルに応じて、表示可能な数だけ見開きページが表示されるので、作業がしやすくなります。

ページビューでは、プリントおよびレイアウト作業に便利なさまざまなページの表示オプションを選択できます。以下のページビューのオプションがあります:

  • 余白を表示: 画面にページ余白を表示します。プリントには含まれません。

  • ページを見開きで表示: スコアを見開きのページに表示します。この設定は、拡大/縮小の設定と「スケール」リージョンパラメータによります。

  • ページルーラを表示: 縦と横のルーラを表示します。正確なレイアウトを行うことができます。

ページビューに切り替える

  • 以下のいずれかの操作を行います:

    • スコアエディタのメニューバーで「表示」>「ページビュー」と選択します。

    • スコアエディタのメニューバーで「ページビュー」ボタン をクリックします。

ページビューのオプションを変更する

  • スコアエディタのメニューバーで「表示」>「ページの表示オプション」と選択して、表示オプションを選択します。

    ページの表示オプションを選択できるのは、ページビューの場合のみです。

スコアの特定のページにジャンプする

  1. ページビューで、スコアエディタのメニューバーから「表示」>「ページに移動」と選択します。

  2. ページ番号を入力してから、「OK」をクリックします。

    再生ヘッドの位置は、「OK」をクリックしたときにシーケンサーが実行されていなければ、選択したページの先頭に自動的に移動します。シーケンサーが実行されている場合は、キャッチモードを無効にします。

特に、処理速度の遅いコンピュータで編集する場合は、画面のリフレッシュ速度が向上するので、リニアスコア表示をお勧めします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?