Logic Pro X: スコアセットの大きさを変える

スコアセットの大きさを変える

スコアセットの大きさは、元のサイズの50-200 %の間で変えることができます。大きさを変えると、スコア内の譜表、譜表間の距離、譜表に添えられたすべての記号(音符、休符、その他の記号)、歌詞などのテキスト、およびスラーとタイの太さに影響します。大きさの変更は、グローバル・テキスト・オブジェクト(ヘッダテキスト、つまり余白の外側に挿入されたテキスト)、およびページ番号などのテキストには影響しません。

また、パートを切り出すことで作成される音源パートにも影響しません(後述のスコアからパートを切り出すを参照してください)。そのため、総譜とパート譜の両方に同じ譜表スタイルを使用できます。切り出されたパート譜では、譜表は元のサイズで表示されますが、総譜の場合は、「スケール」パラメータで設定した大きさで表示されます。

スコアセットの大きさを変える

  • スコアセットウインドウでスコアセットを選択し、「スケール」パラメータに新しい値を指定します。

    図。スコアセットウインドウの「スケール」パラメータ。

注記:「すべての音源」スコアセットは編集できません(そのため、大きさを変えることはできません)。したがって通常、総譜には専用のスコアセットを作成する必要があります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?