Logic Pro X: スコアセットの概要

スコアセットの概要

スコアセットを使って、スコアに表示するソフトウェア音源トラックを設定できます。各プロジェクトには、必要な数だけスコアセットを含めることができます。スコアセットを使うと、次のことができるようになります:

  • プロジェクトの総譜をパート譜と一緒に作成する。

  • トラック領域のトラックの順番とは関わりなく、スコアのソフトウェア音源トラックの順番を調整する。

  • スコアに(およびスコアのプリント時に)表示される、各ソフトウェア音源トラックの名前(および任意で省略名)を指定する。

  • 括弧または小節線で接続される譜表を設定する。

  • トラック(MIDIコントローラデータのみを含むトラックなど)をスコアでの表示から除外する。

  • 「スケール」パラメータの設定で、譜表セットごとにすべての譜表を縮小または拡大する。これにより、総譜およびパート譜のプリントに同じ譜表スタイルを使用できます。

  • ページ余白、ヘッダ領域の高さ、譜表どうしの間隔、および1行当たりの小節線の最大数を設定した2種類のパラメータセット(「スコア」または「パート」)を選択する。

スコアセットは、スコアセットウインドウで作成したり編集したりします。

スコアセットウインドウを開く

  • スコアエディタのメニューバーで「レイアウト」>「スコアセット」と選択します(または、「スコア・セット・ウインドウを表示/隠す」キーコマンドを使います)。

    スコアエディタを開いたときに、「すべての音源」スコアセットが選択されている場合は、このスコアセットは編集できないという警告が表示されます。

    図。スコアセットウインドウ。
公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?