Logic Pro X: マッピングされた譜表スタイルでドラム記譜を使う

マッピングされた譜表スタイルでドラム記譜を使う

ドラム音源に割り当てられたMIDIリージョンでは、各MIDIノートは異なる音をトリガします。通常の譜表スタイルで表示すると、音符と実際の音との間には関係がないように見えます。これらのリージョンは、マッピングされた音源と譜表スタイルを使用して、特殊なドラム符頭を使った読みやすいドラムパートとして表示できます。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、マッピングされた譜表スタイルの作成と編集ができます。マッピングされた譜表スタイルを使うと、各声部をドラムグループに振り分けることができます。これらのグループではノートイベントが特殊なドラム符頭で表示されます。各ドラム符頭の形状は、マップドインストゥルメントウインドウで定義できます。

図。「マップドインストゥルメント」ウインドウ。

既存のリージョンのドラムをうまく記譜するには、スコアエディタを開いてMIDIリージョンを表示し、マップドインストゥルメントウインドウと譜表スタイルウインドウも開きます。こうすると、パラメータを変更したときに、スコア表示がどのように変化するかをすぐに確認できます。

マッピングされた譜表スタイルを細かく定義する前に、マップドインストゥルメントウインドウで、ドラムグループ、符頭の形状、および音符の相対位置などのパラメータをすべて設定しておきます。

ドラム記譜用にマッピングされた譜表スタイルを作成する

  1. 「エンバイロメント」ウインドウで、マップドインストゥルメントを作成し、そのアイコンをダブルクリックします。マップドインストゥルメントの作成の詳細については、マップドインストゥルメントオブジェクトの概要を参照してください。

    「マップドインストゥルメント」ウインドウが表示されます。デフォルトでは、General MIDIのドラムノートの割り当てが使われていますが、この設定は編集可能です。

    右端のカラムに、記譜関連の3つのパラメータがあります。

  2. 「符頭」ポップアップメニューで、このピッチでトリガされるノートの符頭の形状を選択します。

    図。マップドインストゥルメントウインドウの「符頭」ポップアップメニュー。

    音符は、マッピングされた譜表スタイルで表示されるドラムグループに割り当てる必要があります。そうしないと、音符は表示されません。

  3. 「Group」ポップアップメニューでドラムグループを選択します。

    よく使われるドラムサウンド(キック、スネア、ハイハット、タム、シンバルなど)のために、いくつかのグループがあらかじめ定義されています。

    注記:別の楽器の音(タンバリンなど)を新しいドラムグループで定義する場合は、ポップアップメニューから「新規グループ」を選択し、この項目をダブルクリックして新しいドラムグループの名前を入力します。

  4. 「表示位置」(相対的な位置)パラメータを設定します。

    「相対位置」パラメータを設定すると、音符が譜線に割り当てられます。音符の位置は、譜表の第5線(一番上の譜線)からの相対的な距離になります。値を整数で指定すると、音符は譜線上に配置されます。小数で指定すると、音符は譜線の間に配置されます。

    注記:音符の位置は譜表スタイルウインドウでも設定できますが、この方法は、該当するドラムグループのすべての音符に影響します。

    これらのオプションを使って、スコアの同じ譜線の上(または同じ高さ)に、符頭の形状が異なる2種類のMIDIノート(たとえば、2種類のバスドラムの音)を表示できます。

  5. マッピングされた譜表スタイルを新規作成する場合は、譜表スタイルウインドウで、「新規」>「マップドスタイル」と選択し、譜表、声部、およびドラムグループの情報を入力します。詳細については、前述の説明、および「譜表スタイルの概要」を参照してください。

    図。譜表スタイルウインドウ。
    • 「譜表」セクション: マッピングされていない譜表スタイルと同じです(ただし、「トランスポーズ」および「キー」パラメータは無意味なので、ここにはありません)。

    • 「声部」セクション: 「声部」(一番上の見出し行)の下に、各声部のカラムがあります。声部は自動的に番号付けされています。上記の譜表スタイルでは、5つの声部を持つ1つの譜表が表示されています。

    • 横の並び: 譜表-声部-ドラムグループの階層が表示され、それらの各要素の間に境界線が引かれています。各ドラムグループは、同じ横並びの位置の声部に属しています。

    • 「位置」パラメータ: ドラムグループに対応するすべての音符の縦並びの位置に影響します。ここに表示される値は、表示位置を基準にしたオフセット値です(マップドインストゥルメントウインドウで各音符の相対位置が定義されている場合)。

    譜表スタイルウインドウでは、マッピングされた譜表スタイルの名前の前には「#」の文字が付けられています。

複数のソフトウェア音源に異なるドラムを割り当てる場合、マップドインストゥルメントウインドウで、音源ごとに異なるドラムマップを作成できます。ただし、ドラムグループのリストの内容は、プロジェクトのどの音源でも同じになります。これにより、マッピングされた同じ譜表スタイルで異なるドラムトラックを作成できます。たとえば、スネアドラムは、すべて同じ形で表示されるようになります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?