Logic Pro X: トラックに譜表スタイルを割り当てる

トラックに譜表スタイルを割り当てる

スコア内のトラックごとに異なる譜表スタイルを割り当てることができます。譜表スタイルを変更することで、スコア内の個々の譜表表示を制御したり、音源をトランスポーズするパートをすばやく作成したりできます。

トラックごとにデフォルト譜表スタイルが割り当てられ、リージョンインスペクタの「譜表スタイル」ポップアップメニューに表示されます。新しいプロジェクトで作業を開始したり、プロジェクトテンプレートを作成したりするときに、特定の譜表スタイルを使用するトラックの場合はこの設定を変更できます。すると、これらのトラックに録音したリージョンは、編集なしで適切な譜表スタイルで表示されます。

「譜表スタイル」ポップアップメニューから「オートスタイル」を選択すると、トラック上のリージョンに含まれる音域に合った譜表スタイルがトラックに割り当てられます。たとえば、中央Cより低く再生される音符でリージョンが構成されている場合は、「低音部」譜表スタイルがトラックに割り当てられます。中央Cの上下の音符を基にした2手パートには、「ピアノ」譜表スタイルが割り当てられます。

注記:「オートスタイル」は、リージョンインスペクタのみで選択できます。スコアエディタのリージョンインスペクタの譜表スタイルリストには表示されません。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、プロジェクト内のトラックに譜表スタイルを割り当てたり、譜表スタイルを編集したりできます。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、トラックだけでなく個々のMIDIリージョンにも譜表スタイルを割り当てることができるため、1つの譜表で複数のスタイルを使用できます。これは、完全に記譜されたパッセージと、ビートスラッシュやコードシンボルだけを記載した「即興演奏」パッセージとの切り替えに使用できます。

トラックに譜表スタイルを割り当てる

以下のいずれかの操作を行います:

  • スコアエディタで譜表をクリックし、リージョンインスペクタの「スタイル」ポップアップメニューから譜表スタイルを選択します。

    図。表示パラメータボックスの「スタイル」ポップアップメニュー。

    複数のトラックを選択して、選択したすべてのトラックに同じ譜表スタイルを割り当てることができます。

  • リニア表示で、譜表の音部記号をクリックしてから、ショートカットメニューから譜表スタイルを選択します。

譜表スタイルが自動的に決まるようにトラックを設定する

  1. トラック領域で、1つまたは複数のトラックを選択します。

  2. リージョンインスペクタで、「譜表スタイル」>「オートスタイル」と選択します。

選択したMIDIリージョンに譜表スタイルを割り当てる

  • スコアエディタでリージョンを選択し、リージョンインスペクタの「譜表スタイル」ポップアップメニューから譜表スタイルを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?