Logic Pro X: 譜表スタイルの概要

譜表スタイルの概要

譜表スタイルを使って、音部記号、休符、符尾、タイ、連桁の表示を制御したり、表示されるトランスポーズを変更したり、譜表サイズや譜表どうしの間隔を調整したりできます。さまざまな定義済み譜表スタイルから選択したり、独自の譜表スタイルをカスタマイズ/作成してスコア内で使用したりできます。譜表スタイルはスコアの表示に影響しますが、MIDIの再生には影響しません。

譜表スタイルはプロジェクトの一部として保存されるため、プロジェクトごとに異なる譜表スタイルを使用できます。よく使用する譜表スタイルをほかのプロジェクトに読み込んで、ワークフローの速度を上げることができます。

リージョンインスペクタで譜表スタイルを割り当てたり、譜表スタイルウインドウで譜表スタイルを編集したりできます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、プロジェクト内のトラックに譜表スタイルを割り当てたり、譜表スタイルを編集したりできます。

 「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、個々のリージョンにスタイルを割り当てることもできます。

ヒント:使用頻度の高い譜表スタイルやその他のスコア設定で、テンプレートプロジェクトを作成してください。そうすると、新しいプロジェクトを始めるときにそれらが表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?