Logic Pro X: 解釈

解釈

楽譜は演奏の指針にするためのものであり、多くの場合、リズムの値はメトロノームのような正確さでは記譜されません。「解釈」の設定は、リアルタイム録音から読みやすいスコアを生成するための機能です。ステップ入力やポインタ入力の場合は通常、無効にしておきます。

「解釈」をオンにすると、短い休符が多数挿入されるのを避けるため、音符を実際よりも長い値で表示するようになります。たとえば、4/4拍子の小節で強拍にある音符は、多少短くても4分音符として表記されます。スコアの正確さはやや落ちますが、読みやすくなります。

「解釈」をオフにすると、「クオンタイズ」の値で決められる範囲で、できるだけ実際に近い長さで表示されるようになります。以下の2つの例は、同じMIDIリージョンを表示したもので、上が「解釈」をオフにしたもの、下がオンにしたものです:

図。スコアエディタで「解釈」を無効にした場合と有効にした場合。

音符属性を使って、個々の音符で「解釈」を使用できます。リージョンインスペクタの設定よりも優先されます。詳しくは、音符のシンコペーションまたは解釈を変更するを参照してください。

解釈のオン/オフを切り替える

  • リージョンインスペクタで、「解釈」チェックボックスを選択または選択解除します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?