Logic Pro X: クオンタイズ

クオンタイズ

「クオンタイズ」パラメータは、音符に対する視覚的クオンタイズに適用され、表示可能な最も短い音価を設定します。

注記:「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されていない場合は、スコアエディタのメニューバーに「グリッド」ポップアップメニューが表示されます。「グリッド」ポップアップメニューを使って、スコアエディタの視覚的クオンタイズを設定できます。

短い音符、たとえば32分音符は、「クオンタイズ」の値を「32」以下に設定している場合にのみ、元の長さで表示されます。「8」に設定していると、挿入した32分音符は8分音符(その「クオンタイズ」設定で表示可能な最も短い音価)で表示されます。

図。「クオンタイズ」ポップアップメニューの表示クオンタイズパラメータ。

「クオンタイズ」ポップアップメニューの設定のうち、「8」、「16」、「128」など、値が1つだけ表示されるものは、そのクオンタイズの設定で表示される最も短い音価を表します。1対の値が表示される設定では、最初の値が2拍子の最小音価を表し、2番目の値が3拍子の最小音価(または2拍子内での3連符)を示します。3連のクオンタイズの設定とそれに対応する音価を以下に示します。

クオンタイズの設定

対応する音価

3

3連2分音符

6

3連4分音符

12

3連8分音符

24

3連16分音符

48

3連32分音符

96

3連64分音符

192

3連128分音符

384

3連256分音符

値が1つの設定を使用すると、N連符オブジェクトを使ってポインタで挿入した場合を除き、自動3連符はスコアに表示されません

重要:3連符が自動表示されるようにするには、「クオンタイズ」パラメータを3連のクオンタイズ値に設定する必要があります

連符を使って音符グループのクオンタイズ値を無効にすることができます。連符を作成する/編集するを参照してください。

「クオンタイズ」ポップアップメニューには、新しいMIDIリージョン用の「デフォルト」設定も含まれ、「挿入のデフォルト」設定でのみ設定できます(既存のリージョンには設定できません)。「デフォルト」を選択すると、新しいMIDIリージョンの「クオンタイズ」の設定は、LCDのディビジョン値によって決まります。LCDのディビジョン値が2拍子の値(4、8、16など)の場合、クオンタイズ値はその音価と、次に高い3拍子の値(6、12、24など)を組み合わせた値に設定されます。ディビジョン値が3拍子の値の場合、クオンタイズ値はその値と、その3拍子の値で割り切れる2拍子の値を組み合わせた値に設定されます。

たとえば、全体のディビジョン値が1/8の場合、「クオンタイズ」の設定は「8,12」となり、1/12の場合は「4,12」、1/16の場合は「16,24」、1/24の場合は「8,24」などとなります。

注記:「挿入のデフォルト」に特定の「クオンタイズ」値がすでに設定されている場合は、LCDのディビジョン値に関係なく、新しく作成されるすべてのリージョンにこの値が使用されます。これらの値はいつでも変更できます。

スウィングを表す場合、「クオンタイズ」パラメータで「8,12」を使用すると、8分3連符が表示されるだけでなく、1拍に含まれる2つの不均等なノートが通常の8分音符として表示されます。16分音符を含む倍テンポのパッセージを作る場合は、トラック領域で倍テンポのパッセージを含むMIDIリージョンを分割し、倍テンポの音価を含むMIDIリージョンに高いクオンタイズ値を割り当てるか、16分音符に非表示のN連符を使用することができます。詳しくは、連符を作成する/編集するを参照してください。

16分音符のスウィング(シャッフルファンク、ヒップホップなど)の場合も考え方は同じです。この場合は、「クオンタイズ」パラメータで「16,24」を選択します。

スコアエディタの「機能」>「クオンタイズ」>「表示されているノートの位置を固定」または「表示されているノートの位置と長さを固定」コマンドを選択すると、プロジェクトのすべてのMIDIイベントの表示クオンタイズを固定できます。これらのコマンドを使って、プロジェクト(表示クオンタイズ設定が施されているプロジェクト)を表示クオンタイズ機能のないほかの記譜プログラムに書き出すことができます。これらのコマンドは、Controlキーを押しながらスコアの音符をクリックしたときに表示されるショートカットメニューからも使用できます。

表示位置のクオンタイズ値を設定する

  • リージョンインスペクタで「クオンタイズ」ポップアップメニューから値を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?