Logic Pro X: コード・グリッド・ライブラリを読み込む/書き出す

コード・グリッド・ライブラリを読み込む/書き出す

「音源エディタ」パネルで、コード・グリッド・ライブラリを読み込んだり書き出したりできます。

図。「コード・グリッド・ライブラリ」ウインドウの「音源エディタ」パネル。

コード・グリッド・ライブラリを読み込む

  1. 以下のいずれかの操作を行って、「音源エディタ」パネルを開きます:

    • 「Logic Pro」>「環境設定」>「コード・グリッド・ライブラリ」と選択し、「音源エディタ」をクリックします。

    • スコアエディタのメニューバーで「レイアウト」>「コード・グリッド・ライブラリ」と選択し、「音源エディタ」をクリックします。

  2. 「読み込む」ボタンをクリックします。

  3. 読み込みたいライブラリをブラウズして選択します。

コード・グリッド・ライブラリを書き出す

  1. 以下のいずれかの操作を行って、「音源エディタ」パネルを開きます:

    • 「Logic Pro」>「環境設定」>「コード・グリッド・ライブラリ」と選択し、「音源エディタ」をクリックします。

    • スコアエディタのメニューバーで「レイアウト」>「コード・グリッド・ライブラリ」と選択し、「音源エディタ」をクリックします。

  2. 書き出したいライブラリを選択します。

  3. 「書き出す」ボタンをクリックします。

  4. ライブラリの名前を入力し、保存先をブラウズして選択します。

    図。「ライブラリを書き出す」ダイアログ。
  5. 「保存」をクリックします。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?