Logic Pro X: コード・グリッド・エディタ

コード・グリッド・エディタ

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、コード・グリッド・エディタでコードグリッドを作成したり編集したりできます。

図。「コード・グリッド・ライブラリ」ウインドウの「コード・グリッド・エディタ」パネル。

コード・グリッド・エディタには、以下のパラメータがあります:

音源パラメータ

  • 「名前」ポップアップメニュー: コードグリッドを追加または置き換えたい音源チューニングを選択します。

  • 「チューニング」フィールド: 選択した音源のデフォルトのチューニングが表示されます。

  • 「弦の数」フィールド: 選択した音源のデフォルトの弦本数が表示されます。

  • 「カポ」ポップアップメニュー: カポを配置するフレットを選択します。たとえば、カポなしの場合は「0」を選択し、1フレットにカポを配置する場合は「1」を選択します。

コードのパラメータ

  • 「名前」フィールド: コードグリッドの名前を入力します。

  • 「ルートノート」ポップアップメニュー: コードグリッドのルート音を選択します。

  • 「ベースノート」ポップアップメニュー: コードグリッドのベース音を選択します。

  • 「コードタイプ」ポップアップメニュー: コードグリッドのコードタイプを選択します。

  • 「難易度」ポップアップメニュー: コードグリッドの難易度を選択します。

  • 「よく使う項目」チェックボックス: コードグリッドをよく使う項目に追加します。

表示のパラメータ

  • 「フレットの数」ポップアップメニュー: コードグリッドに表示されるフレット数(4、5、または6個)を選択します。

  • 「左利き」チェックボックス: コードグリッド表示を左利きユーザ用に変更します。

その他のパラメータ

  • 「再生」ボタン: クリックすると、コードグリッドのプレビューが再生されます。

  • アクションポップアップメニュー: コードグリッドのプレビューの再生方法とテンポを選択します。

    • コード: すべての弦を同時に弾きます。

    • アルペジオ(上へ)、アルペジオ(下へ): コードを一度に1弦ずつ、アルペジオとして再生します。

      「アルペジオ(上へ)」では弦が低い方から高い方へ再生され、「アルペジオ(下へ)」では弦が高い方から低い方へ再生されます。

    • 遅い、中、速い: 再生速度を選択します。

  • 「リセット」/「消去」ボタン: 「リセット」ボタンをクリックすると、コードグリッドが「コードグリッドの選択」パネルでのオリジナルの状態に戻ります(開放弦、新しいコードグリッド、または選択したコードグリッドのいずれかが表示されます)。「消去」ボタンをクリックすると、コードグリッドが消去され、空白のテンプレートから作業できるようになります。

  • 「ターゲットライブラリ」ポップアップメニュー: 新規作成または編集したコードグリッドを追加するライブラリを選択します。

  • 「置き換える」ボタン: 既存のコードグリッドを置き換えるときにクリックします。

  • 「追加」ボタン: 選択したライブラリにコードグリッドを追加するときにクリックします。

コード・グリッド・エディタを開く

以下のいずれかの操作を行います:

  • パーツボックスからスコアディスプレイにコードグリッド記号をドラッグします。

  • パーツボックスでコードグリッド記号を選択し、鉛筆ツールでスコアエディタ内をクリックします。

  • スコアエディタのメニューバーで「レイアウト」>「コード・グリッド・ライブラリ」と選択し、「コード・グリッド・エディタ」をクリックします。

カスタム・コード・グリッドの作成と編集について詳しくは、コードグリッドを作成する/編集するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?