Logic Pro X: コードグリッドの選択

コードグリッドの選択

「コードグリッドの選択」で、音源チューニングとコード・グリッド・ライブラリから個々のコードグリッドを選択したり絞り込んだりできます。

図。「コード・グリッド・ライブラリ」ウインドウの「コードグリッドの選択」パネル。

「コードグリッドの選択」パネルには、以下のパラメータがあります:

音源パラメータ

  • 「名前」ポップアップメニュー: 使用したい音源チューニングの名前を選択します。

  • 「チューニング」フィールド: 選択した音源のデフォルトのチューニングが表示されます。

  • 「弦の数」フィールド: 選択した音源のデフォルトの弦本数が表示されます。

  • 「カポ」ポップアップメニュー: カポを配置するフレットを選択します。たとえば、オリジナルのコードで弾く場合は0を選択し、1フレットにカポを配置する場合は1を選択します。

フィルタのパラメータ

  • 「ルートノート」ポップアップメニュー: ルート音に基づいてコードグリッドを絞り込みます。

  • 「ベースノート」ポップアップメニュー: ベースノートに基づいてコードグリッドを絞り込みます。

  • 「コードタイプ」ポップアップメニュー: コードタイプに基づいてコードグリッドを絞り込みます。

  • 「難易度」ポップアップメニュー: 難易度に基づいてコードグリッドを絞り込みます。

  • 「よく使う項目」チェックボックス: よく使う項目であるかどうかに基づいてコードグリッドを絞り込みます。

  • 「ライブラリ」ポップアップメニュー: ライブラリ(選択したチューニングにリンクされているライブラリ)に基づいてコードグリッドを絞り込みます。

表示のパラメータ

  • 「フレットの数」ポップアップメニュー: コードグリッドに表示されるフレット数(4、5、または6個)を選択します。

  • 「左利き」チェックボックス: コードグリッド表示を左利きユーザ用に変更します。

その他のパラメータ

  • 「再生」ボタン: クリックすると、選択したコードグリッドが再生されます。

  • アクションポップアップメニュー: コードグリッド再生時の弦の弾きかたとテンポを選択します。

    • コード: すべての弦を同時に弾きます。

    • アルペジオ(上へ)、アルペジオ(下へ): 各弦を順番に弾きます。

    • 遅い、中、速い: 再生速度を選択します。

  • 「削除」ボタン: 付属でないコードグリッドを削除するときにクリックします。

  • 「新規」ボタン: 新しいコードグリッドを作成するときにクリックします。「コード・グリッド・エディタ」パネルが開き、空のコードグリッドが表示されます。

  • 「編集」ボタン: 選択したコードグリッドを編集するときにクリックします。「コード・グリッド・エディタ」パネルが開き、選択したコードグリッドが表示されます。

    注記:この編集操作は、「コードグリッドの選択」でコードグリッドをダブルクリックすることで行うこともできます。

コードグリッドの挿入と編集について詳しくは、スコアエディタでコードグリッドを挿入する/編集するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?