Logic Pro X: 装飾音符とインディペンデント音符を追加する

装飾音符とインディペンデント音符を追加する

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、装飾音符やその他のインディペンデント音符をスコアに追加できます。インディペンデント音符とは、小節内の拍子や表示位置の自動計算からは除外されるものの、MIDIでは再生される音符のことです。

図。スコアエディタのインディペンデント音符と装飾音符。
  • インディペンデント: タイで結ばれていない単独の単純音符または付点音符で表示できる範囲で、MIDIノートの長さ通りに表示されます。挿入後は、音符の属性機能を使って、符尾の向きや異名同音の扱い、臨時記号との距離、符頭などを変更できます。詳しくは、音符の属性の概要を参照してください。

  • 装飾音符: 通常、タイで結ばれ、符尾に斜線の付いた小さな8分音符で表示されます。タイの向き、符尾の向き、異名同音の扱い、臨時記号との距離、符頭などを変更できます。

どちらの場合も、連桁のない単独の音符としてのみ表示されます。

普通の音符をインディペンデント音符に変換する

  • 音符を選択し、スコアエディタのメニューバーで「機能」>「音符の属性」>「インディペンデント」>「インディペンデント」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います)。

    インディペンデント音符を普通の音符に戻す場合は、「機能」>「音符の属性」>「インディペンデント」>「インディペンデント解除」と選択します。

普通の音符を装飾音符に変換する

  • 音符を選択し、スコアエディタのメニューバーで「機能」>「音符の属性」>「インディペンデント」>「装飾音符」と選択します(または、対応するキーコマンドを使います)。

    インディペンデント音符を普通の音符に戻す場合は、「機能」>「音符の属性」>「インディペンデント」>「インディペンデント解除」と選択します。

インディペンデント音符を直接挿入する

  • Optionキーを押しながら、パーツボックスで音符を選択して、挿入位置へドラッグします。

装飾音符を直接挿入することはできません。普通の音符またはインディペンデント音符から変換する必要があります。

重要:装飾音符を挿入する場合、タイで結ぶ次の音符との間隔を調整しなければならないことが多くなります。最も簡単なのは、レイアウトツールに切り替えて、装飾音符から音符の本体を離す方法です。詳しくは、スコアエディタで項目をグラフィカルに配置するを参照してください。

ヒント:装飾音符を連桁でつなげたい場合は、多声部の譜表スタイルを使い、第2声部に休符が表示されないようにする方法があります。第2声部に装飾音符を作成し、サイズ変更ツールで小さくします。譜表スタイルの詳細については、譜表または声部を追加する/削除するを参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?