Logic Pro X: タイで結ばれている音符の表示を制御する

タイで結ばれている音符の表示を制御する

タイは、スコアを見やすくするために、複数の拍にまたがるノートの基本的なリズム分割を示します。タイで結ばれている音符は、1つのMIDIノートイベントを表します。

タイは、MIDIノートの長さとスコアのリズム分割(拍子)に従って自動的に表示されます。望んだ通りに音符がタイで結ばれない場合、休符を挿入してスコア上の音符のタイのかかり具合を調整できます。音符にタイを手動で追加することはできません。

タイで音符を結ぶ

  1. 目的の長さよりも短い音価の音符を挿入します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • イベントインスペクタ、イベントリスト、またはイベントフロートウインドウで音符の長さを変更します。

    • 音符の継続期間バーを使って音符の長さをグラフィカルに編集します。

ヒント:継続時間バーの使いかたについて詳しくは、継続期間バーを表示するおよび継続期間バーの長さを変更するを参照してください。

ユーザ休符で音符のタイのかかり具合を変更する

  • タイで結ばれている音符の後ろに短い休符を挿入します。

休符の長さは重要ではありませんが、8分休符など、できるだけ短いものを使います。ヘルプタグを確認しながら、正しい位置に挿入します。挿入した休符は、スコア上には表示されませんが、音符のタイのかかり具合は変更されます。

注記:表示されていない休符を削除または位置調整する場合は、イベントリストを使います。

タイの向きを変更する

  • スコアエディタの「機能」>「音符の属性」>「タイ」サブメニューから設定を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?