Logic Pro X: ノートの色を変更する

ノートの色を変更する

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、3種類のカラーパレットに表示される色を使って、音符ごとに異なる色を割り当てることができます。

音符に色を割り当てる

以下のいずれかの操作を行います:

  • 音符を選択し、スコアエディタのメニューバーで「機能」>「音符の属性」>「カラー」と選択して色を選択します。

  • Controlキーを押しながら符頭をクリックし、ショートカットメニューから「音符の属性」>「カラー」と選択して、サブメニューからオプションを選択します。

また、「カラー」サブメニューで「ベロシティカラー」モードまたは「ピッチカラー」モードを有効にできます。ピッチカラーは、全音階または半音階にマッピングされています。ベロシティのカラーは、それぞれのMIDIベロシティ範囲と一致することに注意してください。

スコアエディタの「機能」>「音符の属性」サブメニューの16個のカラーオプションと、ベロシティカラー、ピッチカラーは、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スコア」>「カラー」で編集できます。詳しくは、「カラー」設定を参照してください。

注記:音符属性であるため、これらの設定は譜表スタイルの設定よりも優先します。ただし、スコアエディタで「表示」>「カラー」と選択し、「カラー」サブメニューでカラーモードが「標準」に設定されている場合に限ります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?