Logic Pro X: 音符のインディペンデントステータスを変更する

音符のインディペンデントステータスを変更する

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、スコア内の音符をインディペンデント音符として表示し、そのインディペンデントステータスを編集できます。

インディペンデント音符は、譜表内のリズムの位置に結合されていないため、自由に移動できます。これは、装飾音符の追加やその他の目的に使用できます。

音符のインディペンデントステータスを変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • スコアエディタのメニューバーで「機能」>「音符の属性」>「インディペンデント」と選択してから、以下のいずれかの設定を選択します:

    • 装飾音符: 音符を単独の(独立した)装飾音符として表示します。

    • インディペンデント: リズム上の文脈からは独立して音符を表示します。

    • インディペンデント解除: リズム上の文脈に合わせて音符を表示します。

  • Controlキーを押しながら符頭をクリックし、ショートカットメニューから「音符の属性」>「インディペンデント」と選択して、サブメニューからオプションを選択します。

  • 以下のいずれかのキーコマンドを使います:

    • インディペンデント解除

    • インディペンデント

    • 装飾音符

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?