Logic Pro X: 臨時記号の表示と位置を変更する

臨時記号の表示と位置を変更する

デフォルトで表示される臨時記号はキーによって異なります。音符の属性を使えば、フラットをシャープに変更したり、シャープをフラットに変更することができます。キーの設定については、キーと拍子の変更を追加するを参照してください。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、音符臨時記号を変更するための追加オプションが表示されます。

「臨時記号の位置」属性により、「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スコア」>「レイアウト」で選択されている「臨時記号とノートの間」値からのずれを設定します。

臨時記号の表示を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 「音符の属性」ウインドウで「異名同音」または「臨時記号」ポップアップメニューから値を選択します(設定については以下を参照してください)。

  • スコアエディタのメニューバーで「機能」>「音符の属性」>「臨時記号」と選択してから、以下の表示オプションのいずれかを選択します:

    • デフォルトの臨時記号: 臨時記号の表示はキーによって異なります。

    • 「異名同音: #」: GbをF#に、FをE#に変換します。

    • 「異名同音: b」: D#をEbに、BをCbに変換します。

    • フラットをシャープに: 「異名同音: #」と似た機能ですが、フラットの付いていない音符は変更しません(音符を複数選択した場合に使います)。

    • シャープをフラットに: 「異名同音: b」と似た機能ですが、シャープの付いていない音符は変更しません(音符を複数選択した場合に使います)。

    • 臨時記号を強制表示: 臨時記号(ナチュラルも含む)を強制表示します。

    • 臨時記号を隠す: 音符を臨時記号なしで表示します(MIDI再生には影響しません)。

    • 臨時記号を括弧に入れる: 臨時記号(ナチュラルも含む)を括弧に入れて強制表示します。

  • Controlキーを押しながら符頭をクリックし、ショートカットメニューから「音符の属性」>「臨時記号」と選択して、サブメニューからオプションを選択します。

  • 以下のいずれかのキーコマンドを使います:

    • デフォルトの臨時記号

    • 異名同音:  #

    • 異名同音: b

    • フラットをシャープに

    • シャープをフラットに

    • 臨時記号を強制表示

    • 臨時記号を隠す

    • 臨時記号を括弧に入れる

臨時記号と音符の距離を変更する

  • 音符をダブルクリックし、「音符の属性」ウインドウの「臨時記号の位置」ポップアップメニューから値を選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?