Logic Pro X: 音符の属性の概要

音符の属性の概要

音符の属性を使って、スコアエディタでの個々の音符の表示を制御できます。音符の属性には、音符のサイズと場所、臨時記号、符尾、連桁、解釈があります。音符の属性を使って、スコアを読みやすくしたり、演奏情報を追加したりできます。

音符の属性を変更するには、「音符の属性」ウインドウ、「機能」>「音符の属性」サブメニューの使用、またはキーコマンドの使用という3つの方法があります。「音符の属性」サブメニュー(および対応するキーコマンド)では選択した音符のグループの属性を変更できますが、「音符の属性」ウインドウでは1つの音符のみの属性を変更できます。パーツボックスとツールを使って、一部の音符属性を変更することもできます。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、「音符の属性」ダイアログと「音符の属性」ショートカットメニューで、臨時記号、符頭、符尾位置、シンコペーションなどの追加音符属性を利用できます。

音符の属性を変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 音符を1つまたは複数選択してから、スコアエディタの「機能」>「音符の属性」サブメニューからオプションを選択します。

  • Controlキーを押しながら符頭をクリックし、ショートカットメニューから「音符の属性」を選択して、サブメニューから特定の属性を選択します。

  • 符頭をダブルクリックして「音符の属性」ウインドウを開きます。

    図。「音符の属性」ウインドウ

    ダブルクリックによって「音符の属性」ウインドウを開く場合は、「Logic Pro」>「環境設定」>「スコア」ウインドウの「ノートのダブルクリック時の表示対象」ポップアップメニューで「音符の属性」の設定が選択されていることを確認してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?