Logic Pro X: 音符のピッチ、長さ、ベロシティを変更します。

音符のピッチ、長さ、ベロシティを変更します。

スコアエディタで、選択した音符のピッチおよび長さと、MIDIベロシティを変更できます。ベロシティ値は、録音時にキーがどのくらい強く打たれたかを表します。多くの場合、再生時の音量に対応しますが、ほかのパラメータを制御することもできます。

音符のピッチを変更する

  • 音符を1つまたは複数選択し、以下のいずれかの操作を行います:

    • 音符を上下にドラッグします。

    • Optionキー+上矢印またはOptionキー+下矢印キーを使って、ピッチを半音単位で上げ下げします。

    • イベントインスペクタの「ピッチ」の値を編集します。

    • 「イベントをトランスポーズ +1半音」または「イベントをトランスポーズ –1半音」キーコマンドを使います。

Optionキー+上矢印またはOptionキー+下矢印キーを使って、選択したコードシンボルのピッチを上げ下げすることもできます。

音符の長さを変更する

  • 音符を1つまたは複数選択し、以下のいずれかの操作を行います:

    • イベントインスペクタの「長さ」パラメータ(小節、拍、ティック)を編集します。

    • リージョン/イベントのナッジを行うキーコマンドを使います。

    • 音符の継続期間バーの左端をドラッグして、音符を短くしたり長くしたりします。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、選択した音符の継続期間バーを表示するか、すべての音符の継続期間バーを表示するかは、スコアエディタの「表示」>「継続期間バー」サブメニューで対応するメニュー項目を選択することで設定できます。

音符のベロシティを変更する

以下のいずれかの操作を行います:

  • 1つの音符を選択し、Commandキーを押しながら上下にドラッグします。

  • 音符を1つまたは複数選択して、イベントインスペクタでベロシティの設定を編集します。

  • ベロシティツールで1つまたは複数の音符を選択し、ポインタを上下に動かします。

  • リニア表示で音符を1つまたは複数選択し、スコアエディタインスペクタのベロシティスライダを左右にドラッグします。

編集中にはベロシティの値がヘルプタグに表示されます。「MIDI出力」ボタン が有効な場合は、変更後のノートを聞くこともできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?