Logic Pro X: 小節線、繰り返し記号、コーダ記号を追加する

小節線、繰り返し記号、コーダ記号を追加する

小節線、繰り返し記号、コーダ記号やその他の記号を小節の先頭または末尾、あるいは表示されている任意の小節位置(音符または休符が表示されている場所)に追加できます。これらの記号は記譜上のものであり、MIDIリージョンの再生には影響しません。

これらは、プロジェクト全体に影響する記号です。すべての表示レベルで、どの譜表にも表示されます。小節線と繰り返し記号(1番括弧と2番括弧を除く)をスコアに追加すると、通常の小節線がそれらに置き換えられます。

1つまたは2つの小節繰り返し記号は、対応する小節のすべての音符と休符を置き換えます。それ以外の記号は表示されたままです。非表示の音符もそのまま再生できるため、MIDI再生には影響しません。これらの記号を移動できるのは、イベントリストまたはイベントフロートウインドウの場合のみです。

二重繰り返し記号が段の最後にあるときは、自動的に2つの背中合わせの繰り返し記号(1つが段の最後、1つが段の先頭)として表示されます。

パーツボックスは、「Logic Pro」の「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合に使用できます。

小節線、繰り返し記号、またはコーダ記号を追加する

  1. パーツボックスの小節と繰り返しのセクションが表示されていない場合は、パーツボックスの「小節と繰り返し」ボタンをクリックします。

  2. 記号をパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグします。

追加した小節線または繰り返し記号を削除する

  • 消しゴムツールで記号をクリックします。

1番括弧または2番括弧を追加する

  1. 記号をパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグします。

    繰り返し記号を追加してから、その番号を編集できます。デフォルトの番号は「1.」と「2.」です。デフォルトを受け入れる場合は、Returnキーを押します。また、括弧内にテキストを入力することもできます。デフォルトで、「2.」の括弧は、「1.」の括弧のような縦の終止線がなく開いたままになります。

  2. 必要に応じて、記号の左上隅をドラッグして適切な位置に移動します。

  3. 右端をドラッグすると、記号の長さを調整できます。

  4. 繰り返し記号を削除するには、その記号を選択してDeleteキーを押します。

    1番括弧と2番括弧は、小節線がすぐ上の譜表と接続されていない譜表でのみ表示されます。「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スコア」>「グローバル」と選択し、プロジェクト全体に対して「繰り返し記号を切り替える」オプションを選択にすると、実際の楽譜スタイルの繰り返し記号の表示が有効になります。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?