Logic Pro X: コードグリッド/タブ譜記号を追加する

コードグリッド/タブ譜記号を追加する

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、コードグリッドを作成および編集できます。コードグリッドの作成と編集について詳しくは、コードグリッドの概要を参照してください。

「Logic Pro」には、標準チューニングやさまざまな代替チューニングを使用する、大きなコード・グリッド・ライブラリが用意されています。パーツボックスには、タイ、スライド、チョーキング、ハンマリングオン、プルオフ、タブ/スライド記号などのさまざまなタブ譜記号が用意されています。

パーツボックスは、「Logic Pro」の「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合に使用できます。

コードグリッドを追加する

  1. パーツボックスのコードとタブ譜のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスで「コード」ボタンをクリックします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • パーツボックスからスコアにコードグリッド記号をドラッグします。

    • パーツボックスでコードグリッド記号を選択し、鉛筆ツールでスコア内の挿入位置をクリックします。

      「コード・グリッド・ライブラリ」ウインドウの「コードグリッドの選択」パネルが開きます。

  3. 追加したいコードグリッドを選択し、「OK」をクリックします。

    スコアでコードグリッドが選択されている場合は、左右または上下にドラッグすることで場所を変更できます。

タブ譜記号を追加する

  1. パーツボックスのコードとタブ譜のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスで「コード」ボタンをクリックします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • パーツボックスからスコアに記号をドラッグします。

    • パーツボックスで記号を選択し、鉛筆ツールでスコア内の挿入位置をクリックします。

また、適切な譜表スタイルを使って、リージョンをタブ譜として表示することもできます。譜表スタイルの選択については、譜表スタイルの概要を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?