Logic Pro X: 符頭の表示を変更する

符頭の表示を変更する

「Logic Pro」には、パーカッションの楽譜、ハーモニクス、その他の用途のためにさまざまな符頭が用意されています。符頭をパーツボックスからスコアにドラッグすることで、符頭を変更できます。符頭は記譜上のものであり、プロジェクトの再生には影響を与えません。

パーツボックスは、「Logic Pro」の「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合に使用できます。

符頭を変更する

  1. パーツボックスの符頭のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスの「符頭」ボタンをクリックします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 1つの符頭を変更するには: パーツボックスの中から符頭を選択し、音符にドラッグします。

    • 複数の符頭を変更するには: 複数の音符を選択し、パーツボックスからそれらの音符に符頭をドラッグします。

    • 1つまたは複数の符頭を変更するには: パーツボックスで符頭を1つ選択し、鉛筆ツールで1つまたは複数の符頭をクリックします。

    • 変更した音符を標準の符頭に戻すには: 変更した音符を選択し、パーツボックスから黒丸の符頭をそれらの音符にドラッグします。

    • プリントしたスコアに符頭が表示されないようにするには: グレイの符頭を音符にドラッグします。

      さらに編集を加えることができるように、画面上では符頭が灰色で表示されます。プリントすると符尾のみが表示されます。この機能を「音符の属性」>「符尾」>「隠す」コマンドと組み合わせて、プリントしたスコアにそれらの音符がまったく表示されないようにすることができます。

ローカルの「機能」メニューの「属性」サブメニューから、符頭の表示を変更することもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?