Logic Pro X: 音部記号を変更する

音部記号を変更する

譜表スタイルごとにデフォルトの音部記号があります。通常は、スコアのほとんどの部分でパートまたは譜表に使用したい音部記号の譜表スタイルを選択してください。譜表スタイルの選択について詳しくは、「譜表スタイルを操作する」を参照してください。

通常は1つの音部記号で書かれる音源のノートが、元の音部記号では多数の加線が必要になるような別の範囲に移動する場合などに、スコアに音部記号の変更を追加してスコアを見やすくすることができます。

パーツボックスは、「Logic Pro」の「詳細」環境設定で「詳細ツールを表示」が選択されている場合に使用できます。

パーツボックスから音部記号を追加する

  1. パーツボックスの音部記号のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスで「音部記号」ボタンをクリックします。

  2. 音部記号をパーツボックスからパートまたはスコア内の追加したい場所にドラッグします。

折り返し表示とページビューで音部記号を変更する

  1. Controlキーを押しながら音部記号をクリックします。

  2. ショートカットメニューから「音部記号を選択」を選択します。

  3. 音部記号をクリックしてから、「OK」をクリックします(または、音部記号をダブルクリックします)。

2番目の音部記号のサイズを変更する

  1. 以下のいずれかの操作を行って、「音部記号とキー/拍子」のプロジェクト設定を開きます:

    • 「レイアウト」>「音部記号とキー/拍子」と選択します(または、「設定: 音部記号とキー/拍子」キーコマンドを使います)。

    • 「ファイル」>「プロジェクト設定」>「スコア」と選択して(または、対応するキーコマンドを使って)、「音部記号とキー/拍子」をクリックします。

  2. 「変更時に音部記号を小さくする」ポップアップメニューで値を選択します。

    譜表の各段の先頭以外にある音部記号はすべて、この設定に従って縮小されます。譜表の途中で譜表スタイルを変更したために追加された音部記号でも、パーツボックスから挿入した音部記号でも同じです。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?