Logic Pro X: キーと拍子の変更を追加する

キーと拍子の変更を追加する

スコアエディタには、プロジェクトのキーおよび拍子と、キー/拍子トラックまたはキー/拍子リストを使って加えたキーまたは拍子の変更が表示されます。スコアエディタでキーと拍子を変更したり、キーと拍子の変更を追加したりできます。キーと拍子は、プロジェクト内のすべてのトラックに影響するグローバルイベントです。

キー/拍子を選択してコピーするには、キー/拍子トラックが表示され、保護されている必要があります。

キーの変更

スコアエディタでのキーの変更はスコアエディタの音符の表示のみに影響し、MIDIの再生には影響を与えません。ただし、プロジェクトの最初のキーを変更すると、Apple Loopsの再生に影響します。

キー変更はプロジェクトにいくつでも追加できます。キーの変更を追加する場合、新しいキーによって調が変えられるのは、挿入位置から次のキーの変更(存在する場合)までの範囲です。

代替の拍子とキーを最大9組まで作成できます。これらは「キー/拍子」トラック、キー/拍子リスト、および「キー/拍子リスト」ウインドウに反映されます。

スコアエディタ(または「キー/拍子」トラックやキー/拍子リスト)に追加すると、キーはすべての音源の表示レベルに影響します。スコアの表示とMIDI再生の両方が影響を受けます。

キーの表示とキーの変更は、以下の設定内容によって異なります:

拍子の変更

拍子によって1小節に含まれる拍数が決まるため、拍子を変更するとスコアでの小節線の表示に影響します。小節内の位置を使って、プロジェクトの特定の部分の機能を制限している場合、選択した拍子と小節内の位置に依存する機能(MIDIメトロノームクリックや「トランスフォーム」ウインドウの各機能など)が影響を受けます。

スコアエディタでキーの変更を追加する

  1. パーツボックスのキーのセクションが表示されていない場合は、パーツボックスの「キー」ボタンをクリックします。

  2. キーをパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグするか、鉛筆ツールを使用します。

リニア表示でキーを変更する

  • キーをクリックして、「キー」ダイアログで新しいキーを選択します。

折り返し表示とページビューでキーを変更する

  1. Controlキーを押しながらキーをクリックします。

    表示されているキーがない(C/Aマイナーの)場合は、Controlキーを押しながら音部記号と拍子の間をクリックします。

  2. ショートカットメニューから「キーを編集」を選択します。

  3. 「キー」ポップアップメニューから値を選択します。

  4. 「メジャー」または「マイナー」ボタンをクリックしてから、「OK」をクリックします。

リニア表示で拍子を変更する

  • 拍子をクリックします。

  • 「拍子」ダイアログで、ビート数の値を入力し、「音価」ポップアップメニューから値を選択して、「OK」をクリックします。

折り返し表示とページビューで拍子を変更する

  1. Controlキーを押しながら拍子をクリックします。

  2. ショートカットメニューから「拍子を編集」を選択します。

  3. 「拍子」ダイアログで、ビート数の値を入力し、「音価」ポップアップメニューから値を選択して、「OK」をクリックします。

スコアエディタで拍子の変更を追加する

  1. パーツボックスの拍子のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスの「拍子」ボタンをクリックします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 定義済みの拍子をパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグします。

    • 未定義の拍子(A/BまたはA+B/C)のいずれかをスコア内の追加したい場所にドラッグし、「拍子」ダイアログで拍数と音価をそれぞれのフィールドに入力します。

キーと拍子の詳細については、「拍子とキーの概要」を参照してください。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?