Logic Pro X: パーツボックスから音符や休符を追加する

パーツボックスから音符や休符を追加する

リアルタイム録音やステップ入力を使用する以外に、パーツボックスから直接スコアに音符を追加することもできます。スコアに音符を追加すると、音符はMIDIイベントとしてリージョンに追加され、プロジェクトを再生すると音が鳴ります。

「Logic Pro」では、現在のクオンタイズ表示設定に基づき、リージョン内の休符がスコアエディタに自動的に表示されます。休符を手動で追加したり、スコアでの休符の表示を変更することもできます。

パーツボックスから音符を追加する

  1. パーツボックスの音符のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスの「ノート」ボタンをクリックします。

  2. 追加したい音価を選択して、以下のいずれかの操作を行います:

    • 追加したい位置にあるスコアにドラッグします。

    • ツールメニューから鉛筆ツールを選択し、スコア内で音符を追加したい場所をクリックします。

      マウスボタンを押している間は、音符を正しい位置に配置できるようにヘルプタグが表示されます。

休符を追加する

  1. パーツボックスの休符のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスで「休符」ボタンをクリックします。

  2. 休符をパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグするか、鉛筆ツールを使用します。

大休符を追加する

  1. パーツボックスの休符のセクションが表示されていない場合は、パーツボックスで「休符」ボタンをクリックします。

  2. 複数の小節の休符をパーツボックスからスコア内の追加したい場所にドラッグするか、鉛筆ツールを使用します。

    デフォルトでは、次のノートイベントまでの空の小節がすべて大休符で埋められます。大休符の長さは変更でき、タイプ(現代式または教会式)も変更できます。

  3. ポインタツールで大休符をダブルクリックします。

  4. 表示されるダイアログで、「自動的に長さを調整」の選択を解除し、休符を表示する小節の数を入力します。

  5. 大休符のタイプを変更するには、ダイアログの「タイプ」でどちらかのボタンを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?