Logic Pro X: スコアに音符を追加する

スコアに音符を追加する

一般に、スコアに音符を追加するときは、ソフトウェア音源トラックに録音します。「ソフトウェア音源を録音する」を参照してください。トラック領域で操作する場合と同じ手順に従って、スコアエディタでも直接録音できます。ただし、トラックヘッダをクリックするのではなく、トラックの譜表をクリックします。

スコアに音符を追加するには、ポインタを使う方法とステップ入力を使う方法という2つの方法があります。

ステップ入力では、音楽キーボードまたはコンピュータのキーボードから音符を追加できます。音符のほかに、休符などの記号も入力できます。ステップ入力は、ノートをリアルタイムで演奏するのではなく、入力したいノートのリズムの値を選択してからピッチを選択するという点で、リアルタイム録音とは異なります。リアルタイム録音の場合と同様、作業したいトラックの譜表を選択することから始めます。そのトラックにMIDIリージョンがない場合は、ノートの追加を開始する前にMIDIリージョンを追加する必要があります。ステップ入力での録音については、ステップ入力録音テクニックを使うを参照してください。

ポインタを使って音符を直接追加できます。スコアがリニア表示のときに、ローカル・スコア・インスペクタの「挿入」ポップアップメニューから音価を選択できます。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、パーツボックスから音符やその他の記号を追加することもできます。

ポインタを使って音符を追加する

以下のいずれかの操作を行います:

  • スコアエディタのローカルインスペクタにある「挿入」ポップアップメニューから音価を選択してから、Commandキーを押しながら、音符を追加したい場所をクリックします。

    「挿入」ポップアップメニューは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されていない場合に利用できます。

  • パーツボックスで音符をクリックし、Commandキーを押しながら、音符を追加したい場所をクリックします。

    パーツボックスは、「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合に、インスペクタに表示されます。

Commandキーを押しながらソフトウェア音源トラック内をクリックすることで、新しい空のリージョンを作成できます。

ステップ入力の準備をする

  1. リージョンインスペクタで、選択したトラックまたはリージョンについて以下の表示設定を編集します:

  2. Optionキーを押しながら、音符の追加を開始したい譜表内の位置でクリックします。マウスボタンを押している間は、ポインタの位置がヘルプタグに表示されます。

    この機能は、ルーラが表示されないページビューで使うと特に便利です。

    注記:再生が停止していないと、再生ヘッドの位置を設定できません。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?