Logic Pro X: スコアエディタで項目を移動する/コピーする

スコアエディタで項目を移動する/コピーする

ポインタを使って項目を移動およびコピーするだけでなく、レイアウトツール、キーコマンド、コピーおよびペーストコマンドも使用できます。

レイアウトツールを使用して項目を移動する/コピーする

ポインタツールで小節内の記号の位置をうっかり変更してしまうことがあるため注意してください。変更をイベントの縦位置と横位置に限定し、小節内の位置が変更されないようにするには、レイアウトツールを使ってスコアエディタ内の項目を移動およびコピーします。スコアエディタで項目をグラフィカルに配置するを参照してください。

キーコマンドを使って項目を移動する

「キーコマンド」ウインドウの「リージョン/イベント位置をナッジ」セクションには、選択したオブジェクトを時間軸に沿って移動できる一連のキーコマンドがあります。スコアでの作業に最も有用なナッジのコマンドは、リージョンまたはイベントを小節単位、拍単位、またはディビジョン単位で左または右にナッジするコマンドです。

クリップボード経由でコピー&ペーストする

クリップボード経由で複数の項目をコピーする場合、目的の時間位置には先頭の項目が置かれます。後続の項目は、先頭の項目との相対的な位置関係を保ちます。クリップボードの内容は、各オブジェクトの位置を変えずに複数のリージョンにまとめてペーストできます。

クリップボードからペーストする際の項目の位置は、LCDで設定したディビジョン値に従って自動的にクオンタイズされます。たとえば、現在の小節の位置が「4.1.1.37」で、ディビジョン値が16分音符の長さになっていれば、ペーストされる位置は「4.1.1.1」となります。クオンタイズしていない元のタイミングを残しておきたい場合は、ほかの手段で項目をコピー&ペーストしてください。

ポインタを使って音符または記号を移動する

  • 記号または音符を1つまたは複数選択し、移動先へドラッグします。

ポインタを使って音符または記号をコピーする

  • 記号または音符を1つまたは複数選択し、Optionキーを押しながらコピー先へドラッグします。

ドラッグ中には、操作の状態(ドラッグまたはコピー)、移動元(またはコピー元)との音高および小節内の位置の差、ポインタの現在の位置(小節内の位置と、音符の場合はピッチ)がヘルプタグに表示されます。

異なるリージョン(譜表)上の項目をまとめて移動やコピーすることも可能です。この場合、各イベントは移動元(またはコピー元)のMIDIリージョン内で新しい位置に移動またはコピーされます。

注記:スコアエディタでは、Optionキーを押しながらドラッグしても、MIDIリージョン間でイベントをコピーまたは移動することはできません。ただし、リージョンまたは譜表間でコピー&ペーストすることは可能です。

オブジェクトの移動を上下または左右の方向に制限する

  • Shiftキーを押しながらドラッグします。

「一般」環境設定でこの制限を設定することもできます。  「Logic Pro」>「環境設定」>「一般」>「編集」と選択し、「ドラッグを一方向に制限」で「ピアノロールとスコア」を選択します。

キーコマンドを使って項目を移動する

  • 以下のいずれかを使用します:

    • 選択した音符を1つ前または1つ後ろの小節に移動するには: 「リージョン/イベントの位置を小節単位で左にナッジ」と「リージョン/イベントの位置を小節単位で右にナッジ」を使用します。

    • 選択した音符を1つ前または1つ後ろの小節に移動するには: 「リージョン/イベントの位置をビート単位で左にナッジ」と「リージョン/イベントの位置をビート単位で右にナッジ」を使用します。

    • 選択したイベントを1つ前または1つ後ろのディビジョンステップ(LCDの設定による)に移動するには: 「リージョン/イベントの位置をディビジョン単位で左にナッジ」と「リージョン/イベントの位置をディビジョン単位で右にナッジ」を使用します。

クリップボードの内容を複数のリージョンにまとめてペーストする

  1. トラック領域またはスコアエディタで、Shiftキーを押しながら譜表またはリージョンを順次クリックするか、隣接しているリージョンをドラッグで選択して、目的のリージョンをすべて選択します。

    リージョンインスペクタのタイトルには、選択したリージョンの数が表示されます。

  2. 「編集」>「複数をペースト」と選択します(または、「複数をペースト」キーコマンドを使います)。

パッセージ全体をほかのリージョンの同じ位置にコピーする

あるMIDIリージョンから別のMIDIリージョンの同じ時間位置にパッセージをすばやくコピーする場合は、「オリジナルの位置にペースト」または「オリジナル位置に複数をペースト」コマンドを実行します。挿入位置を指定する必要がなく、挿入の自動クオンタイズも実行されません。

  1. パッセージの音符と記号を選択します。

  2. パッセージのペースト先の譜表を選択します。

  3. 「編集」>「オリジナルの位置にペースト」と選択します(または、「オリジナルの位置にペースト」キーコマンドを使います)。

再生ヘッドの現在位置とは関係なく、音符と記号が元のリージョンと同じ位置にペーストされます。

「オリジナル位置に複数をペースト」キーコマンドも同様の機能ですが、パッセージをほかの音源の譜表にペーストできます。「複数をペースト」コマンドを使用する前に、ペースト先の譜表をすべて選択しておく必要があります。

これらのコマンドを類似項目の選択機能と組み合わせて使えば、ある譜表の強弱記号をほかの譜表または音源にコピーするような場合に便利です。

項目の時間位置の移動は、表示クオンタイズグリッド(「クオンタイズ」)の設定に影響されます。混合クオンタイズ値(「16,24」など)を選択した場合、グリッドは2拍子の値の方(この例では「16」)に対応します。

  • リアルタイムで録音したために音符の位置が時間グリッドにそろっていない場合、それらを移動またはコピーしても相対的なずれは保持されます。

  • 元の演奏の雰囲気を失うことなく、クオンタイズされていないパッセージをスコアエディタ内で移動またはコピーできます。

以下のタイプの記号は、スコアエディタでコピーしたり移動したりできません:

  • 繰り返し記号、拍子やキーの変更(キー/拍子リストおよび「キー/拍子」トラックでは可能)、および譜表全体にわたるテキスト要素(ヘッダテキストなど)など、譜表全体にかかわる記号。(詳しくは、拍子とキーの概要を参照してください。)

  • 音符に直接添えられた、アクセント、フェルマータ、符頭などの記号

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?