Logic Pro X: 楽譜の概要

楽譜の概要

スコアエディタでは、ソフトウェア音源(および外部MIDI音源)トラックのMIDIリージョンを楽譜として表示できます。ノートやその他の音楽的イベントが、拍子、キー、小節線、音部記号などの一般的な記号と共に、標準的な楽譜として表示されます。音符を追加および編集したり、サスティンペダル記号などの記号を追加したり、スコアをプリントしたりできます。

図。スコアエディタ。

スコアエディタでは、表示位置をクオンタイズできるため、録音のタイミングを変えずに音価の表示を制御したり、MIDI録音の再生を変えずに曲のキーを変更したりできます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」を選択した場合は、楽譜の多数の要素を詳細に制御できます。以下を行うことができます:

  • スクロールできるリニア表示、「折り返し」表示、または複数ページ表示で、スコアに複数のトラックを表示して編集する。

  • 強弱記号、スラー記号、その他の記号など、音符または記号をパーツボックスから追加する。

  • セクションマーカーや演奏の指示など、歌詞やその他のテキストを追加する。

  • スコアエディタで追加ツール(ポインタ、鉛筆、消しゴム、テキスト、レイアウト、拡大/縮小、ボイスセパレーション、およびソロツール)を利用する。

  • リージョンインスペクタでリージョンパラメータを編集することで、スコアでのリージョンの表示方法を制御する。

  • 譜表スタイルを使用して、休符、符尾、タイ、連桁の表示を制御したり、譜表のサイズや譜表どうしの間隔を調整したりする。異なる譜表スタイルを選択するか、独自の譜表スタイルをカスタマイズしたり作成したりして、スコア内で使用できます。

  • スコアセットを使用して、さまざまな音源グループを定義し、総譜、パート譜、およびリードシートを作成する。

  • 番号、名前、間隔を含め、スコア全体のレイアウトを編集する。

  • プリントしたり、PDFファイルに書き出したりして、スコアを共有する。

「詳細」環境設定パネルで「追加オプション」の「スコア」が選択されている場合は、特殊なプロジェクトにも対応する以下の追加機能を使用できます。以下を行うことができます:

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?