Logic Pro X: スクリーンコントロールの動きを自動化する

スクリーンコントロールの動きを自動化する

プラグインパラメータと同様に、スクリーンコントロールの動きを自動化できます。スクリーンコントロールを自動化すると、パラメータ値ではなく実際のスクリーンコントロールの動きが記録されます。

複数のマッピングがあるスクリーンコントロールのオートメーションは、マップ先のプラグインのいずれかを変更または削除しても保持されます。マップ先のプラグインをすべて削除した場合は、オートメーションも削除されます。

スクリーンコントロールの動きを自動化する

  1. トラックのオートメーションモードを選択します(オートメーションモードを選択するを参照)。

  2. スクリーンコントロールの動きを記録します(ライブオートメーションを記録するを参照)。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?