Logic Pro X: スクリーンコントロールをチャンネルストリップまたはプラグインのパラメータにマップする

スクリーンコントロールをチャンネルストリップまたはプラグインのパラメータにマップする

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、選択したトラックのチャンネルストリップおよびプラグインのパラメータにスクリーンコントロールをマップできます。1つのスクリーンコントロールを、選択したトラックのチャンネルストリップまたはプラグインの複数のパラメータにマップすることもできます。パラメータマッピングはパッチと共に保存されます。

スクリーンコントロールをマップするには、登録処理を行うか、Smart Controlインスペクタの「パラメータ」ポップアップメニューを使います。マップしたスクリーンコントロールは即座に、マップ先のパラメータ値に設定されます。一度に選択できるスクリーンコントロールは1つだけです。

マッピングはコピー&ペーストすることができます。これは同じパッチのスクリーンコントロール間でマッピングを共有する場合に便利です。挿入されているプラグインが同じである2つのトラック間では、一方のトラックのSmart Controlからマッピングをコピーし、もう一方のSmart Controlにペーストすることもできます(この場合、ペースト先のトラックの対応するパラメータが制御されます)。

「登録」ボタンを使ってスクリーンコントロールをマップする

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、「パラメータマッピング」の開閉用三角ボタンをクリックします。

    「パラメータマッピング」領域が開きます。マッピングのないスクリーンコントロールを選択したとき(またはいずれのスクリーンコントロールも選択していないとき)は、名前フィールドに「Unmapped」と表示されます。マッピングのあるスクリーンコントロールを選択したときは、名前フィールドにパラメータ名が表示されます。

    図。「パラメータマッピング」領域が表示されたSmart Controlインスペクタ
  4. 「登録」ボタンをクリックします。

  5. スクリーンコントロールのマップ先となるチャンネルストリップまたはプラグインのパラメータをクリックします。

  6. ほかのスクリーンコントロールをマップする場合は、スクリーンコントロールを選択して、パラメータをクリックします。

  7. スクリーンコントロールのマップが完了したら、もう一度「登録」ボタンをクリックして登録処理を終了します。

「パラメータマッピング」ポップアップメニューを使ってスクリーンコントロールをマップする

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、「パラメータマッピング」の開閉用三角ボタンをクリックします。

    図。「パラメータマッピング」領域が表示されたSmart Controlインスペクタ
  4. 「パラメータマッピング」領域で、パラメータ名をクリック(すでにスクリーンコントロールがマップされている場合)するか、「Unmapped」という文字をクリックし、「パラメータマッピング」ポップアップメニューからチャンネルストリップまたはプラグインのパラメータを選択します。

マッピングを追加する

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、マッピングをクリックし、「パラメータマッピング」ポップアップメニューから「マッピングを追加」を選択します。

  4. 追加したマッピングのパラメータを選択します。これには登録処理を行うか「パラメータマッピング」ポップアップメニューを使います。

マッピングのプラグインウインドウを開く

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、「パラメータマッピング」の開閉用三角ボタンをクリックします。

  4. 以下のいずれかの操作を行います:

    • マッピングの名前の隣にあるプラグインアイコン をクリックします。

    • Controlキーを押したままスクリーンコントロールをクリックし、ショートカットメニューから「プラグインウインドウを開く」を選択します。

マッピングをコピーする

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、マッピングをクリックし、「パラメータマッピング」ポップアップメニューから「マッピングをコピー」を選択します。

  4. コピー先のパラメータ名をクリックし、「マッピングをペースト」を選択します。

    選択したパラメータが、コピーしたパラメータに置き換えられます。

特定のスクリーンコントロールのすべてのマッピングをコピーする

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、マッピングをクリックし、「パラメータマッピング」ポップアップメニューから「すべてのマッピングをコピー」を選択します。

  4. コピー先のいずれかのパラメータ名をクリックし、「マッピングをペースト」を選択します。

    既存のすべてのパラメータが、コピーしたパラメータに置き換えられます。

スクリーンコントロールのマッピングを並べ替える

スクリーンコントロールに複数のマッピングがある場合は、Smart Controlインスペクタの各マッピングの左端に3つの点のハンドルが表示され、リスト内のマッピングを並べ替えることができます。スクリーンコントロールの値は一番上のマッピングによって決まります。

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、ハンドルを使ってマッピングを上下にドラッグします。

    図。マッピングとハンドルが表示された「パラメータマッピング」領域。

マッピングを削除する

  1. Smart Controlパネルで、Smart Controlのメニューバーにある「インスペクタ」ボタン をクリックします。

  2. スクリーンコントロールを選択します。

  3. Smart Controlインスペクタで、マッピングをクリックし、「パラメータマッピング」ポップアップメニューから「マッピングを削除」を選択します。

スクリーンコントロールをマップした後で、マッピングパラメータを編集したり、パラメータ・マッピング・グラフを使ってパラメータ値のスケールを変更したりできます。また、スクリーンコントロールを自動的にマップすることもできます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?