Logic Pro X: Smart Controlの概要

Smart Controlの概要

Smart Controlを使うと、オンスクリーンコントロールを操作して、選択したトラックのサウンドを制御できます。ソフトウェア音源トラックのソフトウェア音源や、オーディオトラック、ソフトウェア音源トラック、または Drummerトラックのエフェクトなど、チャンネルストリップとプラグインの両方のパラメータを制御できます。プラグインウインドウを開いて個々のパラメータを調節するよりも、Smart Controlを使う方がすばやく作業できます。

Smart Controlにはそれぞれスクリーンコントロールが表示されます。1つのスクリーンコントロールを操作すると、トラックのチャンネルストリップ、音源、エフェクトプラグインの1つ以上のパラメータが変更される場合があります。Smart Controlには通常、EQまたはトーンコントロール、リバーブやその他のエフェクトコントロール、および現在のトラックまたは音源のタイプに固有のコントロールが含まれます。たとえば、シンセサイザー用のSmart Controlには、波形選択や、レゾナンスとフィルタカットオフ調整のためのスクリーンコントロールが含まれることもあります。また、弦楽器用のSmart Controlには、アーティキュレーション変更用のコントロールが含まれることがあります。スクリーンコントロールには、何を操作するためのコントロールであるかを示すラベルが付いています。

Smart Controlを使用するには、Smart Controlパネルを開きます。Smart Controlのメニューバーには、「コントロール」や「EQ」など、複数のタブがあります。表示されるタブは、選択したパッチのタイプによって異なります。

オーディオトラックの場合、「Tuner」にはSmart Controlのメニューバーの「チューナー」ボタンを使ってアクセスできます。Tunerプラグインについて詳しくは、Tunerユーティリティ/プラグインを参照してください。ソフトウェア音源トラックの場合は、「アルペジエータ」ボタンを使ってアルペジエータにアクセスできます。詳しくは、Arpeggiatorの概要を参照してください。

コンピュータにTouch Barが搭載されている場合は、選択したトラックのスクリーンコントロールをTouch Barを使って調整できます。

「詳細」環境設定パネルで「詳細ツールを表示」が選択されている場合は、Smart Controlインスペクタで、Smart Controlのレイアウト変更、スクリーンコントロールのマップやマッピングの編集、スクリーンコントロールの名前変更、スクリーンコントロールへの外部コントローラの割り当てができます。

図。Smart Controlパネルに表示されたスクリーンコントロールとメニューバー

Smart Controlパネルをメインウインドウで開く

  • トラックを選択し、「Smart Control」ボタン をクリックします。

Smart Controlを別のウインドウで開く

  • 「ウインドウ」>「Smart Controlを開く」と選択します。

Touch Barを使ってスクリーンコントロールを調整する

  1. Touch Barの左側の「モード」ボタンをタップしてから、「Smart Control」ボタン をタップします。

  2. スクリーンコントロール名をタップしてから、スライダを左右にドラッグしてスクリーンコントロール設定を調整します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?