Logic Pro X: MIDIチャンネルストリップの要素を調整する

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
MIDIチャンネルストリップの要素を調整する

MIDIチャンネルストリップでは、音量レベルとパンポジションの調整、MIDIデータの送信の制御、およびコントローラデータの割り当てができます。

MIDIチャンネルストリップの音量を調整する

  • 音量フェーダーを上下にドラッグします。

コントローラ番号7が、MIDIインターフェイスを介して送信されます。

音のパンポジションを制御する

  • パンノブを上下にドラッグします。

コントローラ番号10が、MIDIインターフェイスを介して送信されます。

MIDIチャンネルストリップからのMIDIデータの送信を停止または開始する

  • 「ミュート」ボタンをクリックします。

「ミュート」ボタンをオンにすると、MIDIチャンネルストリップからのMIDIデータの送信が停止されます。

コントローラをノブに割り当てる

割り当て1-5の各ノブを使って、外部MIDI音源にMIDIコントローラデータを送信できます。これにより、音量、パン、コーラスなどのパラメータをリモート制御できます。

  1. ノブの上のラベルをクリックします。

    図。ノブへのコントローラ割り当てが表示されたMIDIチャンネルストリップ。
  2. ポップアップメニューからコントローラを選択します。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?