Logic Pro X: MIDIチャンネルストリップの概要

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
MIDIチャンネルストリップの概要

ミキサーのMIDIチャンネルストリップは、MIDI制御のサウンドモジュールとシンセサイザーのミキシングパラメータ(音量やパンなど)のリモートコントロールとして機能します。

図。すべてのチャンネル・ストリップ・コンポーネントが表示されたMIDIチャンネルストリップ。
  • プログラムボタン: サウンドを名前で選択するために使います。このボタンをクリックすると、GMサウンド名を含むポップアップメニュー(デフォルト設定)、あるいはユーザが作成したサウンド名またはユーザが読み込んだサウンド名を含むポップアップメニューが表示されます。チャンネルストリップごとに独自のポップアップメニューがあり、その内容は、バンクフィールドで選択したバンク番号によって異なります。

  • バンクフィールド: 音源がバンク・セレクト・イベントを識別できる場合は、各MIDIチャンネルストリップのバンク番号を選択できます。低い方の値はコントローラ値32を送信し、高い方の値はコントローラ値0を送信します。これは、127 x 127バンクを持つMDI音源用です。お使いのデバイスが標準的なコントローラ0/32メッセージを使用していない場合は、複数の異なるバンクセレクト形式を使用することもできます(カスタムのバンクセレクトを参照してください)。すべてのシンセサイザーでバンク・セレクト・イベントがサポートされるわけではありません。

  • 割り当て1-5: 最大5つのノブを表示でき、任意のMIDIコントローラ番号を割り当てることができます。

MIDIチャンネルストリップのコントロールを表示する(隠れている場合)

  • ミキサーのメニューバーで「表示」>「MIDIチャンネルストリップのコンポーネント」と選択してから、コンポーネントを選択します。

音量、パン、ミュートなどの基本的なチャンネル・ストリップ・コントロールはMIDIチャンネルストリップに常時表示されます。

公開日: 2019/09/13
役に立ちましたか?